So-net無料ブログ作成

ブス会「お母さんが一緒」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。
朝から呼び出しで出動が掛かり、
今戻って来たところです。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
お母さんが一緒.jpg
ペヤンヌマキさんの脚本・演出によるブス会の新作が、
今下北沢ザ・スズナリで上演中です。

ブス会はAV監督でもあるペヤンヌマキさんの企画公演で、
元々はポツドールの番外公演的に始まりました。
その最初の作品でもある「女のみち」の、
今年の2度目の再演は非常に素晴らしく、
AVの撮影現場を描いて、
唖然とするようなクライマックスに収斂する女だらけの舞台は、
如何にも小劇場らしい怪作でした。

それで今回の新作も期待したのですが、
もう中年の域に差し掛かった3人姉妹の心の葛藤を描く本作は、
正直僕の好みからは180度外れた舞台で、
面白いと思えるところが1つもなく、
難行苦行のような観劇となりました。

一番大事な部分や劇的な部分は敢えて描写しないという、
岩松了さんのような作劇なのですが、
岩松さんのように、
それが一種の芸になっていて、
何もない会話の連続なのに、
張り詰めた緊張感が感じられるようなところがなく、
3人姉妹の罵り合いが、
リフレインのように続くだけなので、
後半は本当に苦痛との戦いになりました。

その観客サービスのなさは徹底していて、
舞台は温泉宿の一室から動かず、
物語の主題となる「お母さん」は登場せず、
内田慈さんの抜群の美声も、
すぐに録音に切り替わって暗転してしまいます。

こうした中心不在型の芝居も、
勿論小劇場の定番の1つではあるのですが、
戯曲が練れていないので、
台詞がただの繰り返しの連続に終わっていて、
リズム感も収束感も皆無なので、
欲求不満が募るだけの結果に終わってしまいました。

3人姉妹を演じた役者さんは、
それぞれ過去には幾多の怪演や快演のある手練の方なのですが、
今回はその魅力を、
殆ど感じることが出来ませんでした。

「女のみち」のようなものを期待した観客を、
裏切るという意図は分かるのですが、
何か私的な思い入れはあるにせよ、
個人的には辛いだけの観劇でした。

とても残念ですが、
満足されたお客さんも勿論いらっしゃると思います。
演劇というのはつくづく難しいものだなと実感しました。

次の作品に期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 26

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る