So-net無料ブログ作成
検索選択

シベリア少女鉄道「Are you ready? Yes, I am.」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日なので、
午前中は石田医師が担当し、
午後は石原が診療を担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
シベリア少女鉄道.jpg
演劇の枠には収まらない、
寺山修司に負けない前衛でありながら、
オタク趣味で間抜けなしょぼさを併せ持った、
愛すべき間抜けな前衛、シベリア少女鉄道の新作が、
今下北沢の駅前劇場で上演中です。

最近は年に2回ずつしっかりと公演してくれるので、
毎回非常に楽しみです。
ただ、今回はちょっと地味でしたし、
いつものパターンで、
意図したものとは言え、
まどろっこしい芝居の不自然さは、
シベリア少女鉄道の悪いところだと思います。

シベリア少女鉄道の良い時は、
カーテンコールのないことが、
当然であるように感じます。
ここまで徹底して世界の果てまで遊び尽くしたら、
カーテンコールは蛇足のように思えるからです。
かつての「永遠かも知れない」や「残酷な神が支配する」は、
間違いなくそうした世界でした。
また、世界が反転するようなネタが、
2回くらいあって、
その1つでは舞台機構も協力するのですが、
そうした面白みが今回は希薄で、
前半も少しある要素が、
後半に誇張され増強されるというだけで終わります。
これでカーテンコールがないのは、
何となく物足りないな、という気がします。
こうした時は失敗なのです。

チラシに「彼女がアップを始めたようです」
と書かれていて、
その部分にちょっとした趣向があるのですが、
それは小ネタというレベルで、
収まってしまっていました。

ただ、僕はどうしてもシベリア少女鉄道に、
アングラの前衛の匂いを感じてしまうので、
その方向性を期待してしまうのかも知れません。
要するにちょっと観方が不純なので、
皆さんはあまりお気にされないで下さい。

役者さんは川田智美さんと小関えりかさんの、
ヒロインツートップを含めて、
安定感のある布陣です。
浅見紘至さんと加藤雅人さんも鉄板です。
急遽代役の土屋さんが、
微笑ましいアクセントになっていました。
ただ、以前と比べると随分演技がまっとうになった反面、
「芝居」に作品が傾斜し過ぎているような気もします。

いずれにしても、
年に2回のお楽しみであることは間違いがなく、
これからもこのペースで続けて欲しいと思います。
それから、たまにかつてのような、
とんがった前衛を、
観せて欲しいと個人的には思っています。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 23

コメント 2

よこ

シベリア少女鉄道、毎回観た後に先生のblogを読むのを楽しみにしています。
今回はいつもより内容に触れられてないですが、内容に触れた記事を書いて頂けないでしょうか?
個人的にかなりの消化不良でしたので、先生の解説をお聞きしたいです。
よろしくお願いします。
by よこ (2015-12-06 15:46) 

fujiki

よこさんへ
コメントありがとうございます。
もう公演は終了したようなので、
多少のネタバレはOKと思うのですが、
今回は「主役」と「脇役」がはっきりしていないと成立しない演劇で、
脇役が主役以上に目立とうと暴走して、
舞台がめちゃくちゃになるけれども、
それでも筋自体は最後にはドタバタと同時に収束するという、
これまでに何度も土屋さんが上演して来たパターンだと思います。
それがちょっと特殊な暴走の仕方なので、
慣れないと何処が面白いのかよくわかりません。
スタッフの女の子までが暴走する、
というのが狙いの小ネタですが、
あまり弾けた感じにはなりませんでした。
土屋さんの書かれたものなどを読むと、
個々の脱線の仕方のディテールが、
ご本人的にはツボであるようですが、
残念ながら今回は失敗の部類ではないでしょうか?
矢張り舞台面にも仕掛けがないと、
今ひとつになってしまうように思います。
by fujiki (2015-12-06 22:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る