So-net無料ブログ作成
検索選択

サディスティックサーカス2015 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

久しぶりに少し今日は遅く起きました。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
サディスティックサーカス.jpg
紳士淑女や良い子の皆さんには、
とても推奨出来ない催しなのですが、
所謂アングラ芸や危険な芸、
怪しげでエロチックな芸の祭典である、
「サディスティックサーカス」に先月足を運びました。

有明のディファ有明という、
プロレスの興行などが行われる会場に、
センターステージを設け、
午後11時開演で翌午前5時過ぎまでの、
オールナイトの興行です。

勿論未成年は入場禁止です。

そもそもは大好きな「ゴキブリコンビナート」が出演するので、
チケットを取ったのですが、
その登場は午前4時を廻っていました。

海外からはアメリカから1組、
イギリスから1人のゲストが呼ばれ、
それ以外のメンバーも、
まあ滅多に普通に生活している人には、
見られないような奇怪な芸人が多く登場します。

内容は種々雑多で、
あまり統一感はありません。

アメリカからのゲストは、
骨軟骨形成異常で自力で立つことは困難な、
小さな芸人さんや、
昔からある「剣呑み」という、
口から食道から胃までを直線にして、
そこに大きな剣やライフルの銃身などを、
次々と挿入する芸などをする芸人さんのグループで、
アメリカのホラー映画の見世物小屋のシーンで、
良く出て来るような人達のチームでした。

イギリスからのゲストは、
要するにストリッパーの女性なのですが、
フライングをして陰部からレーザービームを照射したりする、
凝った趣向が持ち味でした。

楽しみにしていた「ゴキブリコンビナート」は、
巨乳に取り憑かれた中年男性を主人公にした、
グロテスクでキッチュなミュージカルの小品で、
主人公は主催のDrエクアドルさんが演じます。
テーマはフェリーニの映画のようで、
演出はちょっとナカゴーみたいなテイストでした。
しかし、過激さも相変わらずで、
ラストは「団子三兄弟」という恒例の芸で締めくくられます。
これは三人のキャストが、
頬に刺した鉄串で繋がるというもので、
良い子には絶対に真似して欲しくない荒芸です。

身体をひたすら痙攣のようにうねらせ、
床に叩きつけることを繰り返す、
天井桟敷の大滅亡のようなダンスをする、
師匠格のおじさんと弟子の女性のコンビがいて、
特に女性の身体のキレは抜群で、
懐かしい気分になりました。

不満を言うと、割とダラダラした芸が多くて、
同じことの繰り返しが多いのがイライラします。
その点「ゴキブリコンビナート」は凝縮感があって、
最初から最後までノンストップで駆け抜けるので、
さすがの完成度と感じました。

会場はこうした芸を披露するには大き過ぎると感じました。
フライングみたいなものはいいのですが、
密室向きの芸は、
何をしているのが良く分からないものも多くありました。
また、センターステージなのに、
一方向ばかり向いて演技している芸人さんが多く、
僕の席は反対方向のことが多かったので、
「これで同じチケット代ではなあ…」
とストレスフルな気分になりました。

また、「ばい菌持ってる鳩」というダンサーのチームが出演しましたが、
アングラ芸ではない、
とても切れの良いダンスパフォーマンスで、
一服の清涼感はありましたが、
コンセプトにはそぐわない感じがしました。

要するに、
あまりに雑多な構成が疑問です。

こういうものを見ると、
芸人の裾野は途方もなく広いなあ、
と感じました。
良い経験ではありましたが、
次も行くかどうかは分かりません。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 2

川口京子

石原先生 ご無沙汰しております。いつも興味深く拝読しております。今日のブログ、ゲラゲラ笑いながら読みました。ひとつひとつの出し物の凄まじさに爆笑しました。バカバカしさの極みで涙がでます。先生の感想は「そうだろうな~」と思うことばかりで、行くのはやめておこうと思いました。
いつでしたか石原先生が「山海塾」の公演の感想を書いておられたのが素晴らしくて、全く同感でした。私は芦川羊子のゾッとするような恐ろしさや、麿赤児や田村哲郎の可笑しみを伴った怖さ、哀しさが大好きだったので、「山海塾」は端正で美しいな、とは思うものの何か物足りなく感じていましたから。嬉しかったです。
by 川口京子 (2015-10-11 16:06) 

fujiki

川口さんへ
コメントありがとうございます。
アングラ芸のようなものも大好きではあるのですが、
徐々に行くことは少なくなりそうです。
自傷行為をショーアップしたようなものが最近は多く、
考えさせられます。
by fujiki (2015-10-13 08:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る