So-net無料ブログ作成
検索選択

甲状腺疾患超音波画像集(2015年新版) [仕事のこと]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日は胃カメラの日なので、
カルテの整理をして、
それから今PCに向かっています。

雪はまだ雨ですが、
夜はどうでしょうか?

それでは今日の話題です。

今日は診療所で診断した、
甲状腺の病気の超音波画像を見て頂きます。

まずこちら。
甲状腺乳頭癌1.jpg
甲状腺の縦切りの超音波画像です。
画面の中央、赤い矢印の先にある、
周辺の甲状腺組織より低エコーで、
特に外側により低エコーの部分のある、
大きさが8ミリ大のしこりがあります。
ほぼ丸い形に見えますが、
よく見ると辺縁が少し不正に見えます。

専門病院で甲状腺乳頭癌が確定し、
手術の方針となりました。
治療方針は患者さんと専門医との相談の上、
決定されています。

比較的典型的な乳頭癌の所見だと思います。

では次を。
甲状腺乳頭癌2.jpg
こちらは5ミリを少し超えるくらいのしこりですが、
周辺の組織よりかなり黒っぽく(エコーレベルが低く)、
辺縁も不整になっています。

これも乳頭癌が確定して手術になり、
完治した1センチ未満の乳頭癌の事例です。

では次を。
甲状腺乳頭癌3.jpg
これも5ミリを少し超えるくらいのしこりで、
最初の事例に近く、
周辺により黒っぽい帯のような部分があり、
よく見ると辺縁がやや乱れています。

これも乳頭癌でした。

では次をご覧下さい。
異所性甲状腺内胸腺腫.jpg
これはちょっと違う所見で、
5歳のお子さんですが、
赤い矢印の先に、
紡錘形に近い辺縁のはっきりしないしこりがあり、
その中に白い点のように見える、
エコーレベルの高い部分が散在しています。

これは胸腺の組織が一部甲状腺内に残ったもので、
異所性甲状腺内胸腺腫と呼ばれています。

通常は年齢と共に消失することが多く、
経過観察は必要ですが、
治療の必要なものではありません。

それでは最後の画像です。
副甲状腺腫.jpg
矢印の先に黒いしこりがあります。
これは甲状腺の外側に位置していて、
副甲状腺のしこりです。

原発性副甲状腺機能亢進症の所見で、
手術の適応です。

今日は診療所で診断した、
甲状腺の病気の超音波画像を見て頂きました。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 34

コメント 2

dumbo

fujikiさま、こんにちは。
やはり震災後に増加しているのでしょうか?
だとすると・・・
考えずにはいられません。
by dumbo (2015-02-05 09:52) 

fujiki

dumbo さんへ
乳頭癌の事例はいずれもお子さんではなく、
成人です。
特に震災後に増加した、
という事実を示すものではありません。
実際には診断の時期もまちまちです。
by fujiki (2015-02-05 21:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る