So-net無料ブログ作成

劇団鹿殺し「ランドスライドワールド」 [演劇]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

朝から健診結果の整理などして、
それから今PCに向かっています。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
ランドスライドワールド.jpg
座長の菜月チョビさんが海外留学のため、
一時劇団としては活動を休止していた劇団鹿殺しが、
1年3ヶ月ぶりの本公演を上演しています。

全くの新作ということではないようですが、
丸尾丸一郎さんの戯曲を、
菜月チョビさんが演出し、
劇団鹿殺しのメインキャストが揃い、
客演も個性重視で濃厚な布陣です。
ブラスを入れた生演奏と、
如何にも小劇場の正統の血筋という、
インチキミュージカルテイストで、
所々は劇団300みたいで、
所々は天井桟敷みたいな演出もこれまで通りです。

丸尾さんの世界が、
かなり特殊で閉じた感じなので、
前回の番外公演「山犬」でも感じましたが、
個人的には娯楽として観ることは出来ず、
かなりしんどい思いを感じながらの観劇になりました。
Coccoとのコラボが非常に良かっただけに、
もっと方向性を変えて欲しいな、
というのが僕の偽らざる思いです。
次回からは、
慎重に作品を選んで観たいと思います。
同じような作品を、
もう一度観たいとは思えないからです。

以下ネタバレを含む感想です。

作品世界は、
父親に支配された鬱屈した兄弟が、
暴力的で陰湿でグロテスクな妄想に身を委ねるという、
丸尾さん特有のダークな世界で、
リンチのような暴力的な場面が、
何度も何度も形を変えて反復されるので、
過去と現在、現実と妄想とが複雑に交錯し、
妄想が視覚化されて、
ミュージカル場面も入るので、
もっと舞台に自由度があっても良いように思うのですが、
印象としては、
同じような暴力的な場面が、
エンドレスで続いているようで、
観ていても、嫌な疲労感が蓄積するような感じです。
ちょっと人情話的なオチが付くのですが、
それでそれまでの暴力の連鎖劇が、
帳消しになるということはなく、
厭世的な気分で劇場を後にしました。

妄想が蠅の世界というのも、
死肉に群がる蠅というイメージがおぞましく、
どうも個人的には、
「勘弁してよ」という気分になります。

同じような田舎の家庭の愛憎劇のドロドロと言うと、
三浦大輔さんの作品や、
松尾スズキさんの作品が頭に浮かびますが、
丸尾さんの世界の方が、
もっと深刻に病んでいる、という感じで、
それでいて演劇としては、
一昔前の小劇場のような方法論で、
インチキミュージカルとして上演されるので、
半端に陽性な感じなのが、
却って観ていて辛い思いがします。

こうした娯楽作品に仕立てるのであれば、
もう少し随所に明るさが欲しいと思うのですが、
陽性のキャラクターというのが、
基本的には皆無なので、
ひたすら暗く救いのない、
暴力的な世界を彷徨ったという印象でした。

昨年観た「ぬいぐるみハンター」も、
基本的には同じような世界観だったので、
こうした感覚に共鳴する方もいるのだと思いますし、
ひょっとしたら世代的なものなのかも知れません。

ここまで救いのない、
暴力的で絶望的な世界と、
自分達の周囲を捉えているのだとしたら、
怖いなあ、と思いますが、
世の中は実際にはそこまで来ているのかも知れません。

もう多分同じ匂いのする演目は、
観ないと思いますが、
小劇場演出の正統的な継承者として、
その個々の趣向には捨てがたいものもあるので、
また色々と路線を変え、
もうちょっとのどかな雰囲気の芝居にも、
挑戦して欲しいなあ、と思いました。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る