So-net無料ブログ作成
検索選択

「まるで天使のような」とマーガレット・ミラーの世界 [ミステリー]

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

申し遅れましたが、
六号通り診療所の石原です。

今日はこれからいつものように、
奈良に出掛ける予定です。

年の初めにふさわしいかどうか分かりませんが、
今日は好きなミステリー作家の話です。

その決定版的な1作がこちら。
まるで天使のような.jpg
マーガレット・ミラーは、
1915年生まれのアメリカの女流ミステリー作家で、
夫はハードボイルドの大家である、
ロス・マクドナルドです。

ミステリーと普通小説の中間のような作風で、
多重人格の殺人などを扱った、
サイコスリラーの元祖の1人です。

僕は三度の食事よりサイコスリラーが大好物なので、
こうしたジャンルのものは、
最近はそれほど読んでいませんが、
20年くらい前までは、
滅多矢鱈と読んでいました。

ただ、どんな名手の作品でも、
サイコスリラーと言うと、
それほどパターンが多いのではないので、
あっ、いつもの多重人格で、
意識のないうちに別人になって何かしている、
というような奴だな、
と察しが付くようになり、
作者の工夫の有無には関わらず、
結末は見えてしまうことが多いのです。

従って、
サイコスリラーばかりを連発して、
読者をそれなりに納得させるという作家は、
そうざらにはいません。

そして、マーガレット・ミラーはそうした作家の1人です。

全てが翻訳はされていないので、
敢くまで知る限りの話ですが、
彼女の全ての作品が一種のサイコスリラーで、
普通小説に近いものでもミステリーに傾斜したものでも、
いずれも意外な展開を見せ、
意外な結末が待っています。

その中には勿論、
読んでいる間に想像の付くものもあるのですが、
想像を絶するものもあり、
一種の不意打ちを食らうようなものもあります。

そして、
いずれにしても、
読んでいる中で自然と信じていた世界が、
均衡を失って崩壊に向かう様が、
衝撃的で魅力的なのです。

この「まるで天使のような」は、
ミラー円熟期の力作で、
私立探偵の主人公が、
たまたま迷い込んだ見知らぬ土地で、
こじんまりとした共同体を形成して、
閉じた生活をしている新興宗教と関わりを持ち、
そこで密かにある人物の素行調査を依頼されるという、
正統的なハードボイルド小説の意匠を持って始まります。

その人物は謎の失踪をしていて、
それから連鎖的に殺人事件が起こります。

これはある種の秘められた情熱の物語で、
それが一体誰の誰に対する情熱なのかが、
見えそうで見えないところが妙味です。

物凄く意外な結末が待っている訳ではないのですが、
慄然とするような悲しく怖しい、
狂気じみた熱情が、
ラストに心を揺さぶるのです。

未読の方は是非。

絶品です。

それではそろそろ出掛けます。

皆さんも良い新年をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(21)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 5

dumbo

fujikiさま、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
by dumbo (2015-01-01 07:27) 

ゆうのすけ

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます。
御健康・御多幸で 嬉しいこと沢山の一年になりますように!☆
by ゆうのすけ (2015-01-01 09:13) 

Silvermac

明けましておめでとうございます。
by Silvermac (2015-01-01 12:18) 

いっぷく

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
by いっぷく (2015-01-02 01:38) 

taka

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

by taka (2015-01-02 17:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る