So-net無料ブログ作成

バルバラ・フリットリ ソプラノ・リサイタル(2014) [コロラトゥーラ]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

朝から意見書など書いて、
それから今PCに向かっています。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
フリットリリサイタル.jpg
現在最高のリリックソプラノの1人、
イタリアの名花バルバラ・フリットリのリサイタルが、
先日東京オペラシティで行なわれました。

フリットリは初来日は2005年と遅かったのですが、
その後はコンスタントに来日を繰り返していて、
キャンセルの相継いだ2011年6月の、
メトロポリタン歌劇場の来日公演にも参加してくれました。

日本で披露してくれたオペラのレパートリーは、
2005年のヴェルディ「ルイーザ・ミラー」のタイトルロールから始まって、
「フォルスタッフ」のアリーチェが2回、
「ラ・ボエーム」のミミが2回、
「ドン・カルロ」のエリザベッタ、
「コジ・ファン・トゥッテ」のフィオルディリージと、
いずれも極めて安定感のある、
充実した舞台が続きます。
僕は全て1回以上は聴いていますが、
一度も失望したことはありません。
ミミは日本での初役です。

ただ、「トゥーランドット」のリューを1日だけ歌うと言って、
当日にキャンセルし、
昨年は「トスカ」を歌うと言って全てキャンセルし、
今回はローマ歌劇場で「シモン・ボッカネグラ」を歌う予定が、
これも直前キャンセルになりました。
結果として今回の来日は、
このリサイタルのみとなったのですが、
蓋を開けて見れば絶好調の歌唱で、
どうもオペラの舞台に関しては、
特に喉への負担の大きなものについては、
非常に慎重になっているように思いました。

日本でリサイタルも何度も行なっていますが、
今回は間違いなくこれまでのベストで、
選曲も良く、歌い廻しも緻密でドラマチックで、
珍しく上の階まで殆ど満員の観客を、
大いに沸かせました。

何となく、もう日本での舞台はこれを最後にするつもりかしら、
と、あまりの気合の入り方に、
不安を覚えたくらいでした。

間違いなく、リサイタルとしては、
今年のこれまでのベストです。

彼女の魅力はまずはその天性の声で、
美しく磨き上げられた磨りガラスのような、
ちょっとくぐもった趣のある響きです。

変に透明で味わいのない声のソプラノは多く、
その一方で喉の使い方が悪く、
ただの痛んだ声になったしまったソプラノも多いのですが、
フリットリの声はそのいずれとも違っていて、
楽器で言えば、
年輪を経たほど良く枯れたそれでいて深い味わいです。

こうしたソプラノは今はあまりいません。

技術もあってコロラトゥーラのような装飾歌唱もこなします。
僕はモーツァルトのアリアの歌い廻しなど、
アジリタはそれほど高速ではありませんが、
端正で非常に好きです。
ただ、最近はあまり好んでは歌っていません。

今回は「皇帝ティートの慈悲」にある、
矢鱈と音程を上下するアリアを1曲入れていて、
これは絶品でした。

ヴェルディやプッチーニのドラマチックなアリアが、
また非常に見事で、
他の多くのソプラノがリサイタルなどでやるように、
無意味に声を張り上げたり、
中音域の誰でも歌えるような部分を、
矢鱈と長く伸ばして熱演っぽく見せるような下品なことを、
彼女は決してやりません。

繊細な弱音に情感を籠め、
盛り上がりは声よりもむしろ情感を先に溜めて高め、
それから声が後に続くようにコントロールして、
時にそれをスパッと断ち切って、
その余韻に万感の思いを籠めます。

「トスカ」の「恋に生き、愛に生き」のアリアは、
これまでにもリサイタルで何度か聴いたのですが、
今回が最も良かったですし、
このアリア単独で言えば、
これまでに生で聴いた、
全てに勝る出来栄えと断言出来ます。

情感の盛り上がりをスッパりと断ち切った後、
その音圧の反作用のように、
身体をちょっと引くような動作があって、
彼女はこれまであまりそうした大仰なプリマドンナめいた仕草を、
むしろ控えていたように思うのですが、
今回は風格を持ってそうした仕草も堂々を演じていて、
つくづく彼女は本物の大歌手になったと、
その思いを強く感じたのです。

今年はどうも、やる気がなかったり、
実力がなかったり、
声の調子が悪くでボロボロだったり、
ただ声を張り上げるだけで、
アンコールでは疲れて尻すぼみになったりと、
ヘッポコリサイタルを山のように聴いたので、
掛け値なしの本物にようやく出逢えて、
満足の余韻のうちにホールを後にすることが出来ました。

最初の歌曲の後で拍手の起こった時は、
この間のエルトマンの悪夢を思い出して、
絶望的な気分になったのですが、
幸いその後は合間の無神経拍手もなく、
フライングの拍手も少なかったので、
まずまずホッとした思いがしました。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍引き続き発売中です。
よろしくお願いします。

健康で100歳を迎えるには医療常識を信じるな! ここ10年で変わった長生きの秘訣

健康で100歳を迎えるには医療常識を信じるな! ここ10年で変わった長生きの秘訣

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/05/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る