So-net無料ブログ作成

ブリンクマン指数とは何か? [科学検証]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日は胃カメラの日なので、
カルテの整理をして、
それから今PCに向かっています。

それでは今日の話題です。

昨日に続いて、
今日もタバコの害についての話です。

医者が病気の解説をする、
という触れ込みのサイトに、
次のような記載がありました。

【喫煙指数(Brinkman 指数)=1日の喫煙本数×喫煙年数。たとえば、1日20本×30年間、タバコをすい続けると、喫煙指数は600。喫煙指数が600を超えると、非喫煙者に比べて20倍、肺がんになりやすい】

皆さんもこうした記述を、
何処かで読まれたことがあるかと思います。

Brinkman Index(ブリンクマン指数もしくは喫煙指数)は、
それが大きいほど喫煙の身体への悪影響が大きい、として、
喫煙のリスクを考える上での1つの指標として、
日本では広く使われています。

上の引用では600が1つの基準として使われていて、
たとえば禁煙外来でチャンピックスなどを処方する場合には、
ブリンクマン指数が200以上というのが、
保険適応の基準の1つになっています。
また、ブリンクマン指数が400以上で肺癌の危険性が高まる、
というような言い方も、
一般の禁煙指南書のようなものによく書かれています。

このような表現を読むと、
この数値は如何にも国際的なもののように思いますが、
実はこのブリンクマン指数というのは日本人の発案によるもので、
昭和39年に愛知県がんセンターの西村穣先生が、
肺癌の患者さんのリスクを分析する時に、
この数値を用いることを考案され、
Brinkman Index という表記も、
この先生の命名だと、
西村先生の書かれた文章にあります。

ブリンクマンはアメリカの臨床医で、
彼の論文の中で喫煙歴が、
1日の喫煙量×喫煙年数で表現されていたのを、
西村先生が読み、
それを自分の研究に利用されたのだそうです。
(無断借用し、後で了解を取った、という旨の説明もあります)

ここで、西村先生の文献にある、
ブリンクマン指数と肺癌のリスクとの関連を示した図をお示しします。
それがこちらです。
ブリンクマン指数.jpg
左側の図をご覧下さい。
これはブリンクマン指数の数値と、
その数値に該当する喫煙者が、
非喫煙者に比較して、
どれだけ肺癌になり易いかを示したものです。

肺癌には幾つかの組織型がありますが、
この左側の図は組織型にかかわらず、
全ての肺癌をその対象にしたものです。
ブリンクマン指数が400を超えると、
男性で2倍、女性で5倍、
それぞれ肺癌になるリスクが上昇する、
という結果です。
肺癌発症リスクの上昇は、
女性より男性の方が大きいのが一般的なデータで、
それを考えるとちょっと奇異な感じがしますが、
女性の肺癌発症事例の方が、
男性より遥かに少ないことが想定され、
そうした点が結果に影響しているのかも知れません。

右側の図は肺癌の組織型を分けて、
同様の検討を男性のみで行なったもので、
これはまた明日にも触れますが、
扁平上皮癌という組織型では発癌と喫煙との関連性は大きく、
腺癌という組織型では、
それほどではない、ということが分かります。

最初にご紹介した記載では、
ブリンクマン指数が600で、
肺癌のリスクは20倍になると書かれていて、
この図の記載と比べると、
随分と開きがありますが、
実際には色々なデータがあり、
それにより数値にはかなりの開きがあります。
ただ、この記載のネタ元には直接当たっていませんが、
ちょっとこの数値は極端な気がします。
しかし、いずれにしても、
その集団によって数倍の開きのある数値であることは確かで、
とても定量的なタバコの発癌リスクを、
ここから計算する、というような目的には、
使用出来ないだろう、
ということは分かります。

要するに、
1つの大雑把な目安、
という意味合いを超えるものではありません。

ただ、ブリンクマン指数が、
200を超えない範囲では、
どうも明瞭な非喫煙者との差は、
検出し難くなるのだろうな、
ということは推測が出来ます。

この指標の問題点は、
まず単なる聞き取りなので、
本当に実際の喫煙本数を反映しているとは、
言い切れない、ということがあります。

厳密にこうした発癌リスクを検証するのであれば、
ある人達にはタバコを毎日20本欠かさず吸ってもらい、
全く吸わない人達とヨーイドンで研究を開始し、
その後数十年の経過を見れば確実だ、
ということになります。
しかし、喫煙を強要することはそれ自体が非人道的になるので、
実際にはそうした研究を行なうことは出来ないのです。

ブリンクマン指数のもう1つの問題点は、
同じ本数を吸っていても、
その喫煙開始年齢が低いほど、
将来の癌化のリスクは高くなるという事実を、
この指標は補完することは出来ない、
ということです。
これは放射線の発癌と同じですね。

従って、同じブリンクマン指数でも、
15歳から喫煙開始で400というのと、
30歳から喫煙開始で400というのでは、
その意味合いはまるで違うのです。

これがブリンクマン指数のみで検証しても、
必ずしも喫煙の害を定量的には表現出来ない大きな理由です。

この数値は欧米の研究ではあまり使用されず、
ほぼ日本独自の指標です。
欧米では1日の喫煙本数毎の分類や、
喫煙開始年齢毎の分類などが代わりに使われています。

よく1日数本のタバコでも、
本当に同じように肺癌のリスクになるのだろうか、とか、
低タールや低ニコチンのタバコなら、
その影響は少ないのではないか、
というような質問が、
医療相談などで寄せられます。

こうした質問は非常にもっともなものだと僕は思いますが、
概ね正面からその疑問に答えるような解答はなく、
「タバコを吸っている限りリスクはゼロにはならないので、
一刻も早く禁煙することが重要です」
というような全く具体性のない、
頑固おやじの説教のような答えがあるだけです。

僕なりにその点を噛み砕いてお答えすれば、
当然本数を減らすことにも、
ニコチンやタールを減らすことにも、
それなりの意味はあるのです。
ただ、癌化のメカニズムは複雑で、
しかも個人差の大きなものなので、
喫煙開始後5年でその喫煙により誘発された肺癌が生じることは、
間違いなくありませんが、
発癌のスターターはその時点で既に踏まれている可能性はあり、
また元々発癌に結び付きやすい、
遺伝子変異を持っていれば、
スターターは実は喫煙開始より前から、
踏まれていた可能性もあるのです。

従って、ブリンクマン指数で言えば200以下であれば、
その時点で喫煙により誘発された、
肺癌の発症している可能性は低く、
禁煙すればその後の肺癌のリスクは、
喫煙していない方と大差はないでしょうが、
その判断には常に例外は存在する、
ということです。

それでは今日はこのくらいで。

明日は喫煙の肺癌誘発のメカニズムを、
もう少し深く考えます。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(33)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 33

コメント 4

ごぶりん

上記のデーターからすると女性の方が男性よりかなり発がんのリスクが高いですね。
私が知るところのチャンピックスが処方された人たちのうち、男性の
禁煙成功率が高かったのに比べ、女性の方はほとんど失敗に終わってました。
ストレス解消の為に吸っているのでタバコが無くなったら何でストレスを
なくせばいいのかわからないのでやめられないのだそうです。
影響が大きいなら何としてでもやめて欲しいですけどねぇ。
確かにブリンクマン指数はスタート年齢を踏まえてないですね。
指数としては不十分ですね。
私は勝手に20歳スタートと思いこんでいたのでました(汗)

by ごぶりん (2011-06-28 23:47) 

fujiki

ごぶりんさんへ
コメントありがとうございます。
概ね海外のデータも含めて、
男性の方が発癌リスクが高い、
というのが一般的な常識で、
取り上げたデータは、
ブリンクマン指数の誕生という観点からは、
歴史的なものなのですが、
おそらくは女性の症例数が少ないため、
バイアスが掛かっていると思います。

by fujiki (2011-06-29 08:21) 

ヒロ

ブリンクマン指数が確実ではないような気持ちもありますが
私は地方でアパート経営とちいさな飲食店を営んでおります。
この十年でアパートの喫煙男性が二人、飲食店の常連さんが6人お亡くなりになりました。
アパートの男性は年齢が57歳で一日に40本、もうひとりは
66歳で同じく一日に40本、どちらも末期の肺がんでした。
お店の客も非喫煙者は一人だけで他は一日20本のミドルスモーカーでした。年齢は48歳~74歳、全員癌を罹患してました。
以上の事から私はタバコの影響とはもはや自殺同然だと考えるようになりました。
この頃は・・・喫煙者をみると、大袈裟ですが・・・あと何年かな・・・??発症するのは??と思うようになりました。
なぜなら、小さな癌になるまで15年かかるそうなのでスターターはすでに着火しているのです。
親から頂いた貴重な生身の体、大切に使いたいものです。
by ヒロ (2014-10-30 05:43) 

fujiki

ヒロさんへ
コメントありがとうございます。
肺癌の発症については、
体質の関与もある程度はあるように思います。
ただ、矢張り大きく喫煙が影響することは、
間違いがありません。
by fujiki (2014-10-30 08:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る