So-net無料ブログ作成
検索選択

クレアチンキナーゼ(CK )とその異常値について [医療のトピック]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日は胃カメラの日なので、
朝からカルテの整理をして、
それから今PCに向かっています。

それでは今日の話題です。

クレアチンキナーゼ(creatine kinase )は、
主に筋肉の中に存在する酵素です。
筋肉は人間の物理的な力の源ですが、
そのエネルギーを生み出すのに、
この酵素が重要な役割を果たすのです。

クレアチンキナーゼは、
CPK とか、CK と略されて、
通常の血液の検査の中に含まれています。
健康診断の検査の項目に入ることは少ないですが、
人間ドックのような、
少し詳しい検査の中には入ることが多いのです。
これは何故かと言えば、
この検査の異常が、
幾つかの病気の診断や経過の観察に、
重要な役目を果たすことになるからです。

クレアチンキナーゼは筋肉の中にあるので、
筋肉が炎症を起こしたり、壊れたりすると、
筋肉の中から血液の中に酵素が流れ出し、
その数値は上昇します。
この数値の単位は、U/L で、
概ね150から200くらいが上限の値になります。
この数値が意味を持つのは、
通常は高い場合だけです。
低い場合は筋肉量が少ないケースなどが考えられますが、
病的な意味合いはなく、低い方は、
それを気にされる必要はありません。

運動をすると、それが激しい運動であれば、
当然筋肉は炎症を起こし、一部は壊れて、
クレアチンキナーゼは上昇します。
これはスポーツ選手でも例外ではなく、
専門のスポーツドクターの書いたものを読んでも、
運動の後に2000や3000くらいまでこの数値が上昇することは、
稀ではないようです。
クレアチンキナーゼが運動で上がり易いのは、
一種の体質と考えた方が良さそうで、
プロのスポーツ選手でも、
上昇し易い人と、そうでない人がいるようです。
これは従って、別に病的な現象ではないのです。

それでは、どんな場合が病的なのか、という話になりますが、
たとえばマラソンのような過酷な運動をすれば、
その翌日にはおそらく全ての人で、
クレアチンキナーゼは上昇します。
その数値は3日目くらいから減少し、
概ね1週間から10日で正常に戻ります。

従って、運動から1週間経ってから計測しても、
数値が下がらない場合には、
病的な上昇と考えて、間違いはないのです。

先日ある患者さんがお出でになり、
前回計測したクレアチンキナーゼの値が、
910であったことに不安を覚え、
ネットで情報を集めたら、
この数値が500を超えたら確実に病気で、
1000を超えたら重症で命に関わると書いてあったが、
このまま様子を見て本当に大丈夫なのか、
とご不審を抱いて僕に尋ねられました。

確かにお持ちになった資料を見ると、
その通りに書いてあります。

その患者さんは、薬が原因ではないかとも思われて、
処方した薬を中止してしまわれました。
確かにコレステロールを下げる薬の一部では、
この数値が上昇する副作用が知られています。
しかし、その患者さんの飲まれていた薬は、
その可能性は極めて低い血圧の薬で、
経過から言っても、その可能性はまず考えられません。

後から考えれば、
患者さんの立場に立てば、
自分のお身体のことであり、
当然の選択だったのだな、
と思うのですが、
その瞬間は僕もちょっとショックで、
あまりご納得のいくような、
しっかりした説明が出来ませんでした。

今日この記事を書いているのは、
まあそんなことがあってのことなのです。

話を元に戻します。

スポーツの後にクレアチンキナーゼが、
2000程度まで上がるのは、
決して珍しいことではなく、
その殆どは病的なものではなく、
別に注意を要する事例でもありません。
どの程度までの上昇を病的と考えるかは、
非常に微妙なところですが、
3000以下は慌てることはないと考えられます。
明らかに運動後の上昇であっても、
5000を超える時は、病的な可能性を考えます。

ただ、これは勿論他に病的な状態がないことを、
前提としての話です。
筋肉の力が入り難いなどの症状があれば、
300の数値でも病的な場合がありますし、
同じ2000の数値であっても、
運動の後なら問題がないですが、
たとえば事故で重い物が足に落ちた後であれば、
深刻な病状を考える必要があります。

筋肉がある程度以上壊れた時、
一番注意が必要なのは急性腎不全の発生ですが、
これに関してはクレアチンキナーゼよりも、
ミオグロビンという筋肉の中にある蛋白質が、
重要な役割を果たすとされています。
しかし、このミオグロビンは、
必ずしも常にクレアチンキナーゼと、
一致して上昇する訳ではないのです。
(この点については、もう少し詳しく明日以降で触れたいと思います)

従って、このクレアチンキナーゼの数値は、
単純にその数値だけで重症度を判断するべきものではなく、
他の検査の数値や、
何より患者さんの全身状態をよく診た上で、
その判断をするべきものなのです。

マニュアル本やネットの医療情報の類に、
その視点が往々にして欠けているのは、
悲しいことだと思います。

それでは今日はこのくらいで。

明日はクレアチンキナーゼの上昇する代表的な病態の1つ、
横紋筋融解症の話を取り上げる予定です。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(0)  コメント(35)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 35

志賀映昭

URLがないのでメールアドレスを記入いたしました。
直接メッセージがお手元に着くよう祈っております。
私の67歳になる妹の膠原病(全身性筋無力症と12年前に診断)に関して、常にCK値を中心にした治療を受け続けてきたことに、数日前に気づき、大変疑問に感じたために、ネットを通じてこの病名とCK値がどのようなつながりがあるのかを探ってまいりました。現在に至るまで、決定的に関連する理由(情報)にぶち当たりません。
現在の心境は、ひょっとして?という疑念が湧いております。
詳しいいきさつを書くだけの枠がありませんので、もし幸運にも意見交換のチャンスがいただければ幸いです。敬具。
by 志賀映昭 (2011-06-29 15:05) 

fujiki

志賀映昭様
よろしければ、
ホームページにあるアドレスに、
メールを頂ければと思います。
by fujiki (2011-06-30 08:15) 

雪

初めてコメントします。ブログ拝見しております。CPKを調べていてこの記事を読みました。甲状腺機能亢進症ではCPKが低値という認識でいいのでしょうか?私は橋本病で機能低下発見時TSHが201.5でCPKが47でした。この時はまだ動けていました。サンドを25から50に増やした頃から体が痛くなり、増量後4ヶ月の現在全身の筋肉が痛くて動けなくなり、心臓に異常を感じて、原因を探っていました。現在CPKが24まで下がって、TSHは正常値です。TSHが正常値でも、私の筋肉に対しては甲状腺ホルモンが過剰で、筋肉だけ亢進症になってしまっているのだとの結論に達しました。CPKが低いのは筋肉がはたらいていないのではないかと考えています。あまりにも症状がひどいので、薬を減らして様子をみようと考えています。TSHは正常値なので主治医に症状を訴えても気のせいと言われるので、自分で調べています。
by (2013-04-25 20:29) 

fujiki

雪さんへ
コメントありがとうございます。
甲状腺機能亢進症では低めになり、
機能低下症では高めになる、
というのが教科書的な記載ですが、
実際には必ずしもそうという訳ではないと思います。
上記の意味合いは、
筋肉細胞の代謝の問題ですが、
一方で亢進症で筋肉細胞が不安定になることもあり、
そうしたケースではCPKは上昇します。
ホルモンを増やして体調が悪化したのであれば、
減量してご様子を見て頂くという判断は、
悪くないように思います。
by fujiki (2013-04-26 08:14) 

雪

ありがとうございます。
血液検査の結果だけではそう簡単にわかるものでもないのですね。
薬を減らしたら少し改善の兆しがあるので、このまま様子をみようと思っています。
突然の質問に答えてくださいまして、ありがとうございました。
by (2013-04-26 10:01) 

rei

初めまして。CPKについて検索していて
こちらのブログ拝見させて頂きました。

私は20代の女です。1年前にCPKが8万を超え
現在は3000~12000をさまよっています。
筋炎や筋ジスではないとのことですが、
原因不明で安静のみの治療となっています。
今の症状は、倦怠感と軽度な運動のあとの筋肉痛くらいです。

このように継続してCPKが上昇するという
症例をご存知ないでしょうか?
お忙しい中、申し訳ありませんがお返事頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。
by rei (2013-05-30 04:56) 

fujiki

rei さんへ
さすがに1万を超えることは少ないですが、
数千のレベルで持続されている方は、
複数の経験がありますが、
筋疾患や薬剤の影響、甲状腺機能低下症などが否定されると、
専門医療機関にご紹介しても、
診断の明確に付いたことは殆どありません。
後はCK分画で、
マクロCPKなどがないかどうかでしょうか?
原因不明のケースは、
筋肉細胞の体質的脆弱性プラスアルファ、
ということが多いように、
経験的には思います。
by fujiki (2013-05-30 22:39) 

ひろこ

初めましてです。突然お尋ね失礼いたしますm(__)m
7月17日の健康診断でCPKが757でした。昨年が96で一昨年が145でしたので再検査しなきゃです。
ちょっと太ったのでジムに入会して7月9日と12日に初めて筋トレを1時間くらいしました。
そのせいかな?と思っていますが、心配ですので再検査はしなきゃと思っております。756という数字も心配ですが、お尋ねしたいことがもう一つあります。再検査で特に異常がなかった場合、数値が上がったのはジムでの筋トレが原因ではないかと思っています。異常がなかったらまたジムで筋トレしたいと思っています。原因が筋トレで、また数値が上がっても身体に影響はないのでしょうか?筋トレをするとずっと運動していないので、少し、疲れと共に気分が悪いですが、これは誰でも多少はあるのでしょうか?体質的に筋トレなんかでCPKが上がりやすいので筋トレ等の運動は控えた方がいいとかありますでしょうか?それとも筋トレ等の運動で上がるのは構わないのでしょうか?
HP見てお尋ねしてみました。突然で失礼ですが、教えて頂けますでしょうか?
by ひろこ (2013-07-29 20:17) 

fujiki

ひろこさんへ
通常はそのレベルのCPKの上昇は、
特に問題はありません。
上昇のし易さは、
矢張り個人差があるのですが、
上昇し易い人が、
それだけ横紋筋融解症になり易い、
ということもないようです。
ただ、うさぎ跳びや剣道のスリ足のような運動は、
良くないケースが多い、
とされていたと思います。

基本的に身体に無理がなく、
翌日に疲労の強い持ち越しのないレベルの運動であれば、
血尿などが見られない限り、
特に問題はないと思います。

昔は「血のションベンが出るまで走れ!」
みたいな特訓があったので、
それは要するに横紋筋融解症ですから、
それではまずいのです。
by fujiki (2013-07-29 21:38) 

ひろこ

早速のご回答ありがとうございました
ご丁寧に教えて頂き安心しました
しかし結果では、再検査しなさいという事になっておりますので再検査はした方がいいですか?
スミマセンお忙しいのにm(__)m
by ひろこ (2013-07-29 23:23) 

fujiki

ひろこさんへ
再検査はした方が良いと思います。
by fujiki (2013-07-30 06:07) 

AKI

はじめまして。ckを調べていて、先生のブログにたどり着きました。

6月27日に生まれた、甥のことで、お聞き致します。
生後すぐに鼻かぜをひきました。お姉ちゃんと母親が風邪をひいていたので、それが移ったのだと思っていました。
7月20日に38.5度の熱を出したために、病院に行くと、呼吸がおかしいとの事で小児病院に搬送され、ICUで治療を受けています。

搬送時ck値は2000、その後、6000→4000→1000→1800→2000→3000→3000→ というような経過で、なかなか下がりません。

熱は、1日から2日で下がりましたが、呼吸が止まるので、人工呼吸器、抗生剤等の点滴、胃へのチューブがつながれています。

呼吸止まった原因として、ポカウイルスによる、気管支炎と、肺炎、痰が溜まった為との診断でした。


呼吸もほぼ回復に向かっておりますし、その他の数値にも大きな異常はみられないようですが、ck値が下がらないことが問題だそうです。

病院の先生は、筋ジスなども考えながら、今後調べていく必要があるとのことでしたが、手足など元気に動かしているので、そのように見えないとの話もありました。                                                                  
色々とサイトを見ていますが、ウイルス感染や、薬剤投与で、横紋筋融解症になって、ck値が上がることもあるようですが、以上の経過からみて、何か考えられる事はあるでしょうか?

それから、妊娠中から、超音波検査で、腎臓が少し肥大していることを、指摘され、経過を診て行く事になっているそうです。
今のところは、問題ないようですが、今回の感染で、腎臓に負担が行き、腎不全などの可能性があるでしょうか?

お忙しいところ、申し訳ありませんが、先生のお考えをお聞かせ下さい。
最悪の方向へ考えてしまい、家族で落ち込んでしまっています。何か
希望につながることが少しでも分かれば有難いです。
どうぞよろしくお願いします。




by AKI (2013-07-30 10:34) 

fujiki

AKIさんへ
横紋筋融解症であれば、
血尿や腎機能の低下など、
他の所見もあると思いますから、
少なくとも重篤なものは考え難いと思います。
筋疾患の可能性も否定は出来ないと思いますが、
重症の呼吸器感染があったのですから、
それで筋肉の壊れ易い状態が、
一時的に生じた可能性も、
あるのではないかと思います。
by fujiki (2013-07-30 22:24) 

AKI

ご回答いただきありがとうごさいます。
やはり、一時的ということも考えられますよね・・・
望みを持っていきたいと思います。

お忙しいところ、ありがとうございました。



by AKI (2013-07-31 09:42) 

こば

健康診断で異常値があったので
検索して 先生のプログを拝見しました。
昨年の健康診断でメタボ腹囲91cm 糖尿病 Ha1c 10~11
昨年12月から ジム通いで
腹囲 81cm 身長170.5cm
体脂肪率14% 体重は変わってませんので筋肉量が増加
今年の2月Ha1c 8.8だったので
薬 メトグルコ250を服用 7月現在 Ha1c 6.9
空腹時検討 124 昨年136 一昨年192
現在 ジムで
週5日くらい通っています。 ハ-ドな筋トレは 一日おきくらい
今回の健康診断で
GOTとCK以外の数値は正常
GOT83(昨年29)
CKにいたっては3872(昨年251)
再検査はしますが
ハ-ドな筋トレが原因みたいです。
ちょっと高めですが3000くらいはめずらしくない
とのことですのでちょっと安心しました。
現在59歳ですが
運動は続けたいと思っています(水泳特訓中)
ありがとうございました。
by こば (2013-08-21 15:56) 

fujiki

こばさんへ
コメントありがとうございます。
少しでもお役に立つ点があれば幸いです。
確かに心配はない可能性が高いのですが、
念の為経過はチェックされることをお勧めします。
by fujiki (2013-08-24 08:12) 

tomo

疲労感が続くので貧血を疑って検査してもらったところ、貧血はなかったものの
CKが8000を超えていました(GOT約200、GPT約100)。
以前、フルマラソン翌日でも2500くらいだったので、どうしたことかと思いましたが、
3日後に再検査すると800まで落ちていました。
前日前々日に比較的負荷の高い運動をしていたことが唯一の理由と考えていいのでしょうか?

by tomo (2013-08-31 00:58) 

fujiki

tomo さんへ
運動での上昇としては、
8000は矢張り高いように思います。
GOTやGPTも上昇していますから、
かなり広範に身体の細胞が炎症を起こすようなことが、
一時的には起こった可能性が大きいのでは、
と思います。
ウイルス感染のようなものが誘因かも知れません。
いずれにしても経過を見て、
正常に復するようであれば、
一時的なものでご心配は要らないと思いますが、
経過は慎重に見て行く必要はあるように思います。
by fujiki (2013-08-31 08:07) 

tomo

ありがとうございます。
検査3日前に筋肉に棒が食い込むような形で腕を強くぶつけたので、
それも要因の1つになり得るでしょうか
(内出血はなかったものの翌日は一日中肘から先全体に痛みがありました。
別件で行った接骨院では筋肉少しつぶれてると言われました。
病院ではそれで8000の説明はつかないと言われましたが)。

いずれにしてもCKが上がりやすい体質な気がします。
これはスポーツでパフォーマンスを上げる上で不利に思うのですが、
よいものでしょうか。改善する方法はないのでしょうか。

by tomo (2013-09-01 10:08) 

kawa

先生のブログを見て、精神的に救われました。
8日にトレイルランの大会で熱中症になり、救急搬送後の血液検査でCKが高く、翌日も1710だったもので不安でした。
約1週間経ってもまだ身体のだるさが残り、長く歩くとすぐ疲れますが、来週再度検査して様子をみてみます。
自分は暑いと(汗かきのせいか)身体が攣りやすく、先日の熱中症の時も両足の至る所が攣って過呼吸にもなりました。
母も攣りやすい体質で、遺伝でしょうか?
攣りやすい体質の改善方法はあるのでしょうか?
鉄分、カリウムは意識しているのですが・・・。
by kawa (2013-09-14 15:38) 

fujiki

kawa さんへ
体質の関与はおそらくあると思いますが、
あまり解明はされていないように思います。
by fujiki (2013-09-17 06:18) 

kuma

先生のブログを拝見して、少し希望が持てました。

私には8か月のこどもがいます。まだ首がすわっていません。
なので、先月MRI検査と血液検査をすることになりました。そうしたら、脳の前頭葉に形成不全が見られるのと、CPKの数値が3000超えているので、筋ジストロフィーの疑いがあると言われました。
CPKが高いので肝臓?の数値も高くなってるそうです。
まだ信じていません。うちの子は違うと思っています。

赤ちゃんでCPKの数値が高いとなると、やはり筋ジストロフィーなのでしょうか?
by kuma (2013-09-25 15:54) 

kuma

再び、お忙しいのにごめんなさい。追加のコメントです。

私の息子は8月末(生後7か月)に1回目の血液検査を受けました。
その時に、CPKは3000を超えていました。9月17日に2度目(生後8か月)の血液検査とMRIを受けました。2度目もCPKは3000超えていました。
更に詳しい検査が必要と、違う病院を紹介され、そこでも血液検査を受けました。MRIの画像と前回の血液検査の結果と我が子の状態を見て、神経科の先生に筋ジストロフィーの福山型の疑いがあると言われました。今、検査結果を待っているところです。
不安でたまらなくて、2度目のコメントをしてしまいました。
ごめんなさい。
先生の助言を頂けたらと思います。よろしくお願いします。
by kuma (2013-09-27 21:46) 

fujiki

kuma さんへ
ご返事が遅れまして申し訳ありません。
CPK値のみではなく、
筋肉や神経系の所見などからの、
総合的な判断になるかと思いますし、
成長の過程によって、
診断が変わる可能性もあると思います。
ご不安だと思いますが、
検査結果をお待ち頂くしかないように思います。
あまり適切なお返事が出来なくて申し訳ありません。
難しいと思いますが、
先生のお話しに疑問の点があれば、
何でも納得がいくまで、
ご質問をして頂くのが良いと思います。
by fujiki (2013-09-28 08:10) 

kuma

こちらこそ、遅くなり申し訳ございません。

fujiki先生からみても、8か月で首が座ってないってまずいですか?

成長の過程で診断が変わるんですね。少し希望が持てました。
我が子は発達が遅いだけと思い、たとえ筋ジストロフィと診断されてもあきらめないで、東京にある専門病院にかかろうと思ってます。

悪い結果だと、先生からいくら話を伺っても納得できないと思います。病気じゃないって信じてますので。でも、質問はたくさんします。

お忙しい中、お返事ありがとうございました。
by kuma (2013-10-02 22:18) 

星野 浩志

 初めてCPKの検査を受けましたところ、538ということでインターネットで調べていましたら高値の場合、心筋梗塞、筋ジフトロフィ等の疾患が考えられるとありましたので心配になりました。そこで、先生のブログを見つけぶしつけながらご質問をさせていただきました。異常等が考えられるようでしたらどういう検査をしたらよいのか、ご教示ください。
 よろしくお願いします。
by 星野 浩志 (2013-10-13 15:13) 

fujiki

星野浩志さんへ
538という数値は、
運動後などでは上がることもあり、
もう一度再検査は必要と思います。
その際、CPKの分画や他の筋肉から洩れる酵素などを、
一緒に測定して、
その結果をもとにして、
病気の可能性を判断します。
もし心筋梗塞の可能性があれば、
心電図も測定します。
通常何も症状がなければ、
問題はない可能性が高いのですが、
基礎疾患やご年齢によっては、
そうも言えないこともあります。
主治医の先生とよくご相談の上、
適切な二次検査をして頂くのが良いと思います。
by fujiki (2013-10-15 08:24) 

星野

 早速のコメントありがとうございます。
 糖尿病、高血圧もあったりで心筋梗塞等も気にかけていましたので先生のお話で次の診察の際、上記の検査をお願いしてみようと思います。
 直接、ご返事をいただけるなんて光栄です。先生もお忙しいんでしょうがお体をご自愛ください。

by 星野 (2013-10-16 16:22) 

モーグル・蓮

昨年12月慢性リウマチ関節炎だとショック受け、リウマチ薬服用してるが副作用が強くため口内炎、かゆくしたり。しばらくして今年んp9月クレアチンキナーゼが高くつづく。1800~2100下がらないよう、心配になっています。筋肉痛が感じないくらいけど関節痛が微妙痛みある。足のかかとが傷み、歩くときちょっとつらい。昨年を比べてよくなってくるのにクレアチンキナーゼはどこが悪くなってかわからなくなって。専門先生の話では、念のため子宮ガン、乳ガンの検査を受けて方がよいかなとおしゃっていましたけど信じないけどね。
リウマチ関節炎はクレアチンキナーゼになる原因でしょうか。
膝に注射し通院中ですが・・・・
念のため11月はじめからリウマチ薬は休みですが先週検査はまだ下がらないです。がっくり
教えてくださいませんか。
by モーグル・蓮 (2013-12-01 21:17) 

fujiki

モーグル・連さんへ
ご返事が遅れまして申し訳ありません。
抗リウマチ薬により、CPKの上昇が起こる可能性はあると思います。
こむら返りや筋肉注射なども、
原因となることがあります。
薬による上昇であれば、
下がるのに時間の掛かるケースはあり、
数ヶ月は経過を見た方が良いかも知れません。
by fujiki (2013-12-09 06:15) 

モーグル

私からの内容が分かりにくいかな、申し訳ございませんです。


お忙しい中にお返事くださって一安心します。焦らずに体調に様子みます。
ありがとうございます。
またお質問があると思います。よろしくお願いします。

by モーグル (2013-12-11 00:52) 

モーグル

お尋ねしますが、リウマチの薬はリウマトレックス副作用が強いようでっすしょうか。漢方薬がよいのでしょうか?解れば教えてくださいませんか。

by モーグル (2013-12-19 22:48) 

fujiki

モーグルさんへ
それはリウマチの程度にもよると思います。
リウマトレックスはリウマチ治療の標準薬であることは、
間違いがありません。
適切な使用であれば、
有用性はあると思いますが、
副作用も多い薬ではありますので、
慎重な使用が必要だと思います。
by fujiki (2013-12-20 23:19) 

たつ

筋ジストロフィーなどのCPK上昇では、腎障害などは問題にならないのでしょうか?ご存知でしたら教えていただきたいです。
by たつ (2014-06-30 00:12) 

fujiki

たつさんへ
これは数値的には横紋筋融解症とは、
比べ物にならない数値なので、
腎臓の対応力の範囲内で、
通常は腎機能の悪化には結びつかないと思います。
by fujiki (2014-06-30 08:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る