So-net無料ブログ作成

ルーパー・フィドラーの世界 [マジック]


こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日はまだ休みなので、
マジックの話題です。

上の写真はオーストリアのマジシャン、
ルーパー・フィドラーが、
日本のテレビに以前出演した時のものです。

銀色の怪しげな物体が、
彼の前に浮いています。
そこにオレンジ色の輪を通そうとしている所です。

これは一応灰皿だという説明で、
「空飛ぶ灰皿」というマジックです。
UFO という説明で、
演じられたこともありました。

彼は科学者として働いていた、
という触れ込みで、
独創的な発明品の多い、
異色のマジシャンです。
勿論彼も自分のオリジナルしか演じません。

このトリックも、確かに新しい発想です。

皆さんはどうして灰皿が宙に浮いている、
と思いますか?

普通考えるのは、「見えない糸」で吊っているのだ、
というものですね。
このマジックも「糸」を完全に使っていない訳ではないのですが、
基本的な原理はまるで違います。

ただ、あまり実用的なトリックではないですね。

彼のようなマジシャンは自作を通販で売っていて、
僕も昔この作品を買ったことがあります。

これはもう大失敗。
とても実演出来るような代物ではありません。
まあ、マジックとはそうしたものですね。

それでは今日はこのくらいで。

良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る