So-net無料ブログ作成

トミー・ワンダーの世界 [マジック]


こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日は休みでさっき起きたところです。
実はビデオから取り込んだ画像を、
ブログにアップしようと思って、
久しぶりにビデオデッキにビデオを突っ込んだ所、
電源が入らず、
テープも取り出せなくなってしまいました。
電源コードは繋がっているのですが、
電源ランプも点きません。
朝から非常にブルーです。

上の写真は、
「トミー・ワンダー」という、
オランダのマジシャンです。

彼もこの間のスライディーニのように、
完全なオリジナルだけを演じる、
天才肌のマジシャンで、
何度か来日したこともあります。
世界中にファンがいたのですが、
残念ながら若くして亡くなりました。

画像で演じているのは、
彼の代表作の1つ、
「カップアンドボール」です。

皆さんも何処かでご覧になった方が多いかと思います。
金色のカップと、
赤いボールを使って、
手の中で消えたボールが、
カップの中から出てきたり、
逆にカップに入れた筈のボールが、
今度は別のカップに移動したりする、
お馴染みのマジックです。

これは所謂マジックの古典で、
ありとあらゆる手順が、
今までに考案されています。
カップの数も、1個しか使わないものから、
3個以上使うものまで様々です。

トミー・ワンダーの手順は、
2個の金色のカップと、
2つの赤いボールを使います。
その道具を、ワンダーは青いビロードの袋に入れて、
登場します。
彼はビロードの袋から道具を取り出し、
その袋をお客さんの目の前の、
テーブルの上に置くのですが、
そのクライマックスでは、
何とその袋が消えて、
カップの中から現れるのです。

これがワンダーのオリジナルの手順です。
面白いでしょ。

これはね、単純に言えば、
目の前の袋を、
他にお客さんの注意を惹きつけている、
絶妙のタイミングで、
カップの中に入れてしまうんです。
ただ、それだけです。
何の種もありません。

実演を見るとね、
本当にあっと驚く感じなんです。
だって、目の前にあったものが、
いつの間にか消えているんですから。

本当のマジックの醍醐味は、
こうしたところにあるんですが、
テレビには馴染まないんですよね。
カメラにはその瞬間はしっかり映ってしまうからです。

昔名人劇場という番組に来日して、
その時の映像が残っています。
見事な演技なんですが、
種はもろ見えなんですよね。
この辺がマジックというものの、
ちょっと切ないところでもあります。

今日はちょっとまたマニアックな話題でした。

それでは今日はこのくらいで。

明日はまた医療の話題をお届けします。

石原がお送りしました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る