So-net無料ブログ作成

あなたの愛する人が心を病んだ時に [応援]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

朝来てから、レセプトを整理して、
今日は胃カメラの日なので、そのカルテをチェックして、
ちょっと慌しい気分で今PCに向かっています。

おたふく(流行性耳下腺炎)が、
流行っているようです。
以前にも書きましたが、大人になって罹ると、
特に症状が重くなりますので、
以前罹ったかどうかはっきりしない方は、
是非抗体の検査をお勧めします。
勿論、診療所でも対応しています。

さて、今日の話題です。

これは、前から一度は書きたいと思っていたことです。

結婚しているお2人か、
結婚はされていなくとも、
長く一緒に生活されているカップルで、
そのうちの一方の方が、
心の病気になった場合の話です。

色々なケースが考えられるんですが、
特に僕がよく遭遇するのは、
奥さんが心の病気で相談にみえて、
ご主人との関係が、
病気をきっかけにぎくしゃくしてしまった場合の、
ケースですね。

関係が修復された例は、
勿論ありますが、比率は少ないですね。
離婚されたり、別居されたりする場合が、
多いのが実際です。
病気の経過が長くなるにつれて、そうした傾向は高くなりますね。
よく美談みたいなものが、
ドラマになったり、ドキュメンタリーになったりすることがあるでしょう。
そんな例は、本当に希少だと思います。
勿論、だからこそ美談なんでしょうけどね。

ご主人が相談にみえて、お話をさせて頂いたことも、
何度かありました。
でも、どちらかと言えば、
ご自分の辛さを一方的にお話されることが多いんですね。
「俺にこれ以上、何をしろって言うんだ」
みたいに、逆ギレされる方もいらっしゃいます。
僕は結局、
「もっとよくお話する機会を持って下さい」、
みたいなことを言うしかないんです。
言葉はそういう時、
不毛ですね。
でもね、本当に言いたいことはこういうことです。

「あなたは少なくとも一度は、
この人を大切に思ったことがあるんでしょう。
この人は今苦しんでいるんです。
今この瞬間、あなたはこの人に愛情を持てないかも知れません。
この人はとげとげしくなり、あなたを攻撃し、
過去のあれこれをあげつらい、
今までの楽しかったことすら、
全て否定するような言動をするかも知れません。
醜い獣のような姿を、
あなたに晒すでしょう。
でもね、その醜さはあなたの心の中にもあるものなんですよ。
この人は、そのことであなたを試しているんです。
そんなことをするのは卑怯だと思いますか。
そうですね。
でも、そんな卑怯なことをするのは、
この人にとって、あなたしか頼るものはないからなんです。
苦しくて、苦しくて、
あなたを最後の拠り所にしているんです。
優しくしてあげて下さい。
助けて欲しいんです。
あなたにはそれが出来るんですよ。
もし、1人の女性を救うことが出来たら、
それだけであなたの人生は価値あるものだ、
とは思いませんか。
逆にそれに代わるどんな価値がこの世にあるでしょうか。
そのことよりも仕事を選びますか?
他にもっと『まともな』女の人を探しますか?
それは逃げですよ。
逃げても、絶対に人生は良いものにはなりません。
あなたの人生は、あなたにとっての生きるということは、
今目の前にあるんです」

ちょっと感傷的過ぎるでしょうか。
でも、僕は本気でそう思うんです。
こんなこと、とても診療の現場では、
言葉に出来ないですけどね。

逆にお年を召した、
互いに依存の強く形成されたカップルで、
互いを酷く傷付け合いながら、
生活されている例もありますね。
たとえばご主人が脳梗塞で倒れて、
寝たきりになって、
奥さんは献身的に看病をされているんですが、
そんな奥さんに病身の夫が暴力を振るい、
毎日奥さんに罵詈を浴びせ続けるんですね。

怖いですけど、よくあることです。

人間の追い詰められた憤りは、
結局身近な弱い対象に向けられるんですね。

この場合の奥さんは、決して逃げられない立場ですよね。
でも、本来はこの奥さんこそ逃げるべきだと思います。

身体の障害を持ったパートナーからは、
どんなことがあっても逃げられず、
精神的な病を持ったパートナーからは、
時に安易に逃げて行く。

これは社会の仕組みの問題なんでしょうか。
人間の弱さの問題なんでしょうか。
時々そんなことを考えます。

非常に難しいことですけど、
常に逃げないようにしたいですね。
それで得になることなんて、ないんでしょうけど。

皆さんはどうお考えになりますか?

そろそろ診療時間になりますので、今日はここまでにします。

週も後半に入りました。もう一息頑張りましょうね。
今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る