So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「PHOTOGRAPH51(フォトグラフ51)」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は色々あって遅い更新になりました。
午後の診療の合間に書いています。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
フォトグラフ51.jpg
アメリカ人の劇作家により2008年に発表され、
2015年にイギリスで、
ニコール・キッドマン主演で初演されて、
大きな話題となった舞台が、
今板谷由夏さんの主演で上演されています。

何か批評家的な方が酷評をされていたので、
ああ、いつもの外国人演出家の失敗作という感じなのかな、
日本語のニュアンスが分からない変梃演出になってしまったのかな、
とあまり期待をしないで足を運んだのですが、
予想に反して非常に素晴らしい舞台で、
勿論物足りないところや、
日本語のニュアンスがぎくしゃくしたところはあるのですが、
知的で繊細で陰影に富んだ、
滋味のある素晴らしい戯曲だと思いましたし、
演出も的確かつ繊細でなかなかの技量です。
役者さんも皆頑張っていたと思います。
日本人の劇作家には、
はぼ書くことが出来ないタイプの戯曲で、
それだけでも日本で上演する値打ちはあったと思いました。

「取り返しのつかない過去」の象徴として、
シェイクスピアの「冬物語」が重要な役割で登場するのですが、
その批評家らしき方は、
引用がマッチしていない、と批判されていたのですが、
そんなことは全くないと思いますし、
それ以外は科学用語で埋め尽くされた台詞の中で、
叙情的な場面としてしっかり機能していましたし、
その深みのある対比にも感銘を受けたので、
まあ、感じ方は様々だなあ、と改めて思いました。

これは科学の歴史に興味のある方ならどなたもご存じの、
ワトソンとクリックによるDNAの二重らせん構造の発見にまつわる、
女性研究者のデータの不正入手スキャンダルを、
ほぼ史実に則って描いた作品です。

X線による物質の構造解析のエキスパートであった、
女性研究者ロザリンド・フランクリンの撮った、
遺伝子の構造に関わる画像とデータを、
ワトソンとクリックが「不正に」入手して、
それを元にして二重らせん構造の発見という業績に結び付きます。
ロザリンドはその発見に重要な貢献を、
彼女の意志とは無関係に、
科学の歴史においてはしているのですが、
その貢献は全く評価されることなく、
自身は研究による放射線被曝の影響も疑われる、
卵巣癌のために37歳で生涯を閉じます。

非常にドラマチックで陰影に富んだ実話で、
ワトソン博士がまあ悪役という感じにはなるのですが、
彼のこともギラギラとした出世欲が、
決して否定的にばかり描かれてはいませんし、
主人公のロザリンドも悲劇のヒロインという扱いではなく、
その他人を容易に寄せ付けず、
周囲に反感ばかりを募らせる人格も描きながら、
それでも魅力的な1人の女性として、
複雑な性格を合わせ鏡のように描いていました。

物語は主人公のロザリンドが、
研究のパートナーでもあり異性の上司でもある、
ウィルキンズ博士と、
お互いにひかれ合う気持ちはありながら、
仕事のパートナーとしても、
個人的な関係としても、
結果的に良い関係を持つことが出来ず、
何ら実際的な交流を持つことなく人生の別れを迎える、
という2人の関係を縦軸として、
ノーベル賞に向けて仁義なき競争に明け暮れる、
研究という修羅場がリアルに描かれます。

僕も以前は大学で研究をしていて、
留学した先輩などから、
ノーベル賞に向け最先端の研究者が、
何でもありの激しい競争に身をおいている様は、
聞いて知ってはいたので、
かなりリアルにその辺りのやり取りが、
説得力を持って描かれていることに感心しました。

こうした点はただ、
知らない人には分かりにくいかも知れません。

戯曲の言葉はかなりの翻訳調の文体で、
最初は確かにそのことに違和感があるのですが、
耳慣れて来ると、
文学的なニュアンスを大切にするために、
敢えてそうした手法をの取ったのだと理解出来ました。
こうした戯曲の言葉は、
必ずしも自然な口語の方が良いという訳ではなく、
より詩的なニュアンスが必要なのです。

演出は非常に繊細で質の高いものでした。
シンプルなセットですが、
研究機器や構造モデルなどの小道具はリアルなものを用意して、
場の変化が巧みに表現されていましたし、
主人公の他者に対して固く閉ざされた心の一番奥のところに、
幼少期の両親と登った登山の情景と、
自然の形に対する憧憬、
更にはそこに親への切ないくらいの情愛が、
潜んでいるのですが、
抽象的な舞台がその情景を、
これも巧みに具現化していました。
抑制的な表現ですが、
後半の「冬物語」の部分には、
静かな感動があったと思います。

キャストもなかなか頑張っていました。
初演のロザリンドがニコール・キッドマンですから、
これはさぞかし「氷の女」の風情で素晴らしかったろう、
登場するだけで舞台の空気は一変しただろう、
などと誰でも考えてしまうので、
板谷由夏さんもさぞかしプレッシャーだったろうと思いますが、
なかなかどうして、
キッドマンとは全く違う形で、
彼女なりのロザリンド像を造形していて見応えがありました。
支える男性キャストも、
役を掘り下げて芝居をしていることが分かるので、
技巧的には差はあっても、
良いアンサンブルを奏でていたと思います。

そんな訳で翻訳劇の舞台としては、
今年最も感心した1本で、
題材が特殊なので入り込めない方もいると思うのですが、
個人的にはとても楽しめる舞台でした。

お薦めです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(2)  コメント(0) 

高齢者の海馬神経細胞の再生とその性質 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
ちょっと別件の仕事があります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
ヒポカンパスの神経再生.jpg
2018年のCell Stem Cell誌に掲載された、
海馬神経細胞の成人以降の神経再生について、
年齢との比較を行っている論文です。

僕が大学で教わった時には、
脳の神経細胞というのは、
10代からせいぜい20代前半くらいがピークで、
その後は神経細胞はどんどん減ってゆき、
決して増えることはない、
というのが常識でした。

この考えは、
脳の大部分の神経細胞については、
今でもほぼ正しいのですが、
脳の海馬と呼ばれる部分については、
そうではないことが1990年代の後半以降、
相次いで報告されています。

海馬においては中年期以降においても、
神経細胞の再生や新たな神経ネットワークの構築が、
部分的なものであれ行われている可能性が高いのです。
興味深いことにこれは猿やネズミの実験では証明されておらず、
ほぼ人間のみの特徴と思われています。

ただ、勿論正常な老化は、
海馬においても進行していることは、
臨床的には間違いのない事実ですから、
海馬のどのような機能が正常な老化で低下するのか、
そうした点の検証が重要です。

今回の研究では、
脳疾患の既往がなく、
脳以外の原因により死亡した、
14から79歳の28人の脳を解剖し、
海馬の神経細胞の状態を検証しています。

その結果、
海馬の神経再生の証拠と思われる、
神経細胞に分化する前の前駆細胞や、分化途上の細胞が、
年齢に関わらず認められ、
海馬の容積自体も、
健康な老化においては年齢で差が見られないことが確認されました。

その一方で高齢者の脳では、
若年層と比較して血管新生や静止期の前駆細胞のプールは少なく、
神経可塑性も低下していることも確認されました。

つまり、
海馬における神経再生に繋がる潜在的な力は、
高齢になっても低下はあまりせず残存していますが、
実際の再生能力は低下が認められていて、
これがこの部位の自然な老化の本質であるように考えられます。

従って、
今後低下する部分を賦活するような治療に結び付けば、
脳の若返りという夢も、
決して単なる夢ではなくなる日が来るかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(8)  コメント(0) 

コーヒーとニコチン酸 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
ニコチン酸とコーヒー.jpg
2018年のMolecular Nutrition Food Research誌に掲載された、
コーヒー摂取後のニコチン酸代謝についての論文です。

すいません。
今週はコーヒーの話題が続きます。

コーヒーには多くの生理活性物質が含まれていますが、
生の豆に存在するアルカロイドのトリゴネリンが、
焙煎により変性して産生されるのがニコチン酸(ナイアシン)です。

ニコチン酸(nicotinic acid )は、
ごく少量は必須アミノ酸である、
トリプトファンから人間の身体で合成されますが、
その大部分は食事として摂る必要があり、
その意味でビタミンB3という、
ビタミンの仲間に分類されています。

トリプトファンから合成される物質には、
他に皆さんお馴染みの「セロトニン」があります。

両者は全く別個の物質ですが、
無関係かと言うとそうでもなく、
ニコチン酸が過剰で現われる「ほてり感」のような症状は、
セロトニンの過剰による血管拡張と同じですし、
ニコチン酸の欠乏は、
意欲低下や幻覚妄想などの、
精神症状の原因ともなります。
また、腫瘍がセロトニンを合成する、
「カルチノイド症候群」では、
トリプトファンがセロトニンの合成のみに使われて、
ニコチン酸が作られなくなるため、
ニコチン酸の欠乏症状が出ることが知られています。
ただ、実際には身体で作られるニコチン酸は、
食事で得られる量の60分の1程度とされていて、
何故それがなくなっただけで、
欠乏症状が出るのか、
ちょっと理屈に合いません。

どうも、セロトニンとニコチン酸との関係には、
まだ分かっていない点が多くありそうです。

ニコチン酸という言葉は、
ちょっと紛らわしい点が多く、
その言葉の定義もかなり混乱しています。

まず、タバコに含まれ、副交感神経を刺激する、
「ニコチン」との関係がよく誤解を招きます。
ニコチンとニコチン酸とは、
基本的には全く別の物質ですが、
ある条件でニコチンを加熱すると、
ニコチンが酸化してニコチン酸になるので、
この物質がニコチン酸と命名された、
という経緯があります。
しかし、実際に人間の身体の中で、
そうした反応の起こることはありません。

また、ナイアシン(niacin )という言葉があります。

ニコチン酸は体内でアミノ基と置換して、
ニコチン酸アミド(nicotinic acid amide )になりますが、
この2つを総称して、ナイアシンと呼ぶことがあります。
その一方で、ニコチン酸のみをナイアシンと呼ぶこともあり、
それが非常に混乱の元になっています。

さて、ニコチン酸とニコチン酸アミドは、
単独で固有の作用を現わしますが、
それ以外に人間の身体の中で、
NADとNADPという名前の物質に変換します。
このNADは、人間の身体のエネルギー代謝に、
なくてはならない物質であると共に、
人間の老化やメタボリックシンドロームの予防にも、
大きな役割が期待されています。

余分なカロリーを摂ると、
その行為は細胞の老化に繋がります。
肥満は動脈硬化を進行させ、
それが脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる訳ですが、
そうしたことの以前に、
細胞内への余分なエネルギーの流入自体が、
細胞の寿命を縮めるのです。

しかし、生物というのはうまく出来ているもので、
身体にはこの細胞の老化を、
遅らせる蛋白質が存在しています。
この蛋白質をSirt1 と呼んでいます。
赤ワインが老化を抑えるとか、動脈硬化を抑える、
といった話がありますね。
これは赤ワインの中のポリフェノールである、
レスベラトロールという物質が、
このSirt1 の活性を高めるためだと言われています。

そして、このSirt1 は細胞の中のNADの量が増加することで、
その活性が高まるということも、
ほぼ明らかになっています。

つまり、ニコチン酸は細胞内のNADを上げることにより、
Sirt1 を活性化させ、そのことによって、
細胞の老化を防ぎ、
メタボリックシンドロームを予防する効果も、
あると考えられるのです。

さて、ナイアシンの1日の必要量は、
15ミリグラム程度とされています。
肉類や野菜などに含まれていて、
普通の食事を摂っていれば、
不足することは稀な成分ですが、
その含有量が意外に多いのがコーヒーです。

コーヒー1杯には、
1ミリから多くて2ミリくらいのナイアシンが含まれています。

ただ、その吸収の実際などについては、
これまであまり正確なことが分かっていませんでした。

今回の研究は10人のボランティアに対して、
ナイアシンを制限したダイエットを指示し、
2日間はコーヒーを禁止した上で、
500ミリリットルのコーヒーを一気に飲み、
その後36時間までの尿中のナイアシンの代謝産物の濃度を、
経時的に測定しています。

その結果、
飲んでから1時間後には既に代謝産物の排泄が始まり、
12時間以内に排泄は完了しています。
トータルで身体に入った4.36ミリグラムのナイアシンのうち、
6%が代謝されたという計算になります。

これが多いか少ないかは何とも言えませんが、
コーヒーに含まれているナイアシンが、
比較的速やかに身体に入って利用されることはほぼ間違いがなく、
コーヒーは重要なナイアシンの摂取源であると、
そうした言い方はして問題ないように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(1) 

コーヒー、お茶、ココアと脳卒中との関係について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので診療は午前中で終わり、
午後は産業医の面談などに廻る予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
コーヒー、お茶、ココアと脳卒中.jpg
これは2014年のStroke誌に掲載された解説記事ですが、
コーヒーとお茶とココアの、
脳卒中予防についての知見をまとめたものです。

コーヒーもお茶もココアも、
いずれも生理活性物質のポリフェノールを多く含む飲み物で、
その種類は異なりますが、
抗酸化作用や抗炎症作用を持ち、
動脈硬化の進行予防や、
心血管疾患のリスク低下に役立つという知見が、
それぞれに集積されています。

ただ、この3種類の飲み物にもそれぞれに違いがあり、
それを今日は主に脳卒中予防という観点からまとめてみたいと思います。

なお、本文の内容は、
上の2014年のレビューを元にしているので、
基本的に2014年までのデータのまとめです。
その後の知見は反映されていないことにご注意下さい。
ただ、コーヒーの文献についてはその後のものも結構読んでいますが、
この時点での知見を覆すようなものはないように思います。

1.コーヒーと脳卒中
コーヒーには数百種類の生理活性物質が含まれていて、
その中には心血管疾患に良いと思われるものもあり、
その一方で有害と思われるものもあります。
これがコーヒーと健康との関係を考える時に、
難しい問題を孕んでいます。

コーヒーに多く含まれている生理活性物質は、
カフェインと油に含まれるジテルペン、
ポリフェノールのクロロゲン酸の3種類です。

この成分がどの程度の比率で存在しているかで、
コーヒーの身体への効果は代わる可能性があります。

コーヒーの淹れ方にはフィルターを使う方法と、
そのままボイルして抽出する方法の2種類があります。
ペーパードリップなどはフィルターを使用する方法で、
フレンチプレスやエスプレッソは、
フィルターを使用しない淹れ方です。

カフェインは血圧を上昇させる性質があります。
200mgから300mgくらいのカフェインを一気に摂取すると、
収縮期血圧は中央値で8.1mmHg上昇した、
というデータがあります。
この変化は摂取後1時間以内で現れ、
3時間は持続します。
ただ、慢性のカフェイン摂取では血圧は上昇しない、
という報告が多く、
疫学データとしても、
コーヒーを沢山飲む人の方が、
血圧が高いというデータは得られていません。
コーヒーはゆっくり飲むものですから、
カップ3杯かそれ以上に相当する量を、
一気に飲むということはないからかも知れません。

コーヒーの油脂の主成分は中性脂肪で、
そこに代謝物のジテルペンが含まれています。
これまでの研究によると、
このジテルペンには、
血液中のコレステロールや中性脂肪を増加させる作用があります。

このジテルペンは、
フィルターで淹れたコーヒーでは濾過されるので、
その大部分は除去されます。
また水出しのコーヒーではジテルペンは少なくなります。

つまり、エスプレッソやフレンチプレスなどの、
アンフィルターの淹れ方のコーヒーでは、
他の淹れ方に比べてジテルペンが多くなり、
コレステロールが上昇し易い、
という可能性があるのです。
一番多いのがフレンチプレスやスカンジナビアローストで、
中間くらいがエスプレッソと言われています。

実際に2012年に発表されたメタ解析の論文では、
アンフィルターのコーヒーで、
総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪の増加が認められた一方、
フィルターで淹れたコーヒーでは、
軽微な変化しか認められていません。

クロロゲン酸はコーヒーに含まれるポリフェノールの代表で、
基礎実験や動物実験において、
抗酸化作用が確認されています。

ただ、動脈硬化に結び付くとされる、
LDLコレステロールの酸化を、
クロロゲン酸が人間でも抑制するかどうかは、
まだ確実とは言えません。

2014年の時点までに3つの研究があり、
そのうちの2つでは淹れ方に関わらず、
コーヒーによるコレステロールの酸化防止作用が確認されていますが、
残りの1つでは確認されていません。

クロロゲン酸はカフェインと反対に血圧降下作用があり、
おそらく一酸化窒素を介した血管拡張作用によると考えられています。

最近の疫学データにおいて、
1日3から4杯くらいまでのコーヒーが、
心血管疾患を減らすというのはほぼ一致した見解ですが、
脳卒中単独で見ると、
その差はそれほど明確ではありません。
概ね3から4杯くらいのコーヒーで、
15から20%程度の脳卒中リスクの低下が報告されています。

2.緑茶や紅茶と脳卒中
お茶には紅茶と緑茶、ウーロン茶などがありますが、
これは茶葉の発酵の度合いによる違いです。
緑茶は発酵させていないお茶で、
少し発酵したお茶がウーロン茶、
それをより発酵させたのが紅茶です。

お茶はフラボノイドが含有されているのが、
その特徴ですが、
緑茶のフラボノイドはカテキンが主体で、
紅茶のフラボノイドは、
発酵の過程で酸化され、
テアルビジンなどの二次産物に変化しています。

お茶に含まれるフラボノイドとその酸化物は、
コレステロール降下作用と血管内皮細胞機能の活性化などが、
基礎実験や動物実験で確認されていて、
そのことから動脈硬化の進展防止に有効と考えられています。

臨床研究において報告があるのは、
緑茶や紅茶の摂取による、
コレステロール低下作用や血圧降下作用、
そして血管内皮細胞機能改善作用で、
特に血流依存性血管拡張反応と呼ばれる検査で測定された、
血管内皮機能の改善作用が、
精度の高いデータで確認されています。

お茶による脳卒中の予防効果は、
緑茶における日本の研究(2013年発表多目的コホート研究の解析データ)では、
1日4杯以上の緑茶の摂取で20%の予防効果が認められていて、
スウェーデンの紅茶を対象としたデータでは、
1日4杯以上の紅茶の摂取で21%の予防効果が認められています。
こうしたデータを見る限り、
緑茶でも紅茶でも、
脳卒中の予防効果にはそれほどの差はないようです。

3.ココアと脳卒中
ココアやチョコレートに含まれている、
カカオポリフェノールには、
抗酸化作用と抗炎症作用のあることが確認されています。
ただ、この効果はミルクを入れたココアや、
ミルクチョコレートではあまり認められません。
ココアやチョコレートを使用した介入試験のメタ解析では、
ココアやチョコレートによる血圧降下作用が報告されています。
ただ、個別の研究結果では、
その降下作用は明確ではありません。
ココアやチョコレートは、
インスリン抵抗性を改善し、
血管内皮機能を改善する効果が報告されています。

脳卒中とココアやチョコレートとの関係では、
メタ解析で19%そのリスクを減らした、
という報告があります。
ただ、お茶やコーヒーと比べると、
データ自体は少ないのが実際です。

4.まとめ
コーヒーもココアもお茶も、
一定の脳卒中予防効果のデータは存在しています。

比較的信頼性の高いデータとしては、
ココアとお茶は血管内皮機能を改善し、
お茶はコレステロールを下げ、
ココアはインスリン感受性を改善しています。

お茶の効能はほぼカテキンなどのポリフェノールの効果で説明され、
ココアの効能はほぼココアフラボノイドで説明されますが、
コーヒーについてはより多彩な生理活性物質を含み、
そのうちのどれがどのように効果を示しているのか、
まだ明確ではないのが実際なのです。

今日はコーヒー、お茶、ココアを比較した、
主に脳卒中予防のエビデンスについてのまとめでした。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

コーヒーと大動脈弁狭窄症リスク [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
コーヒーと大動脈弁リスク.jpg
2018年のNutrition, Metabolism & Cardiovascular Diseases誌に掲載された、
コーヒーの飲用と、
大動脈弁狭窄症という弁膜症のリスクについての論文です。

今日も故あってコーヒーの話題です。

コーヒーは以前には血圧や脈拍を増加させることから、
心臓病などのリスクであると考えられていましたが、
最近の大規模な複数の疫学データからは、
むしろ心血管疾患のリスクを減少させる効果が確認されています。

ただ、動脈硬化と関連のある弁膜症である、
大動脈弁狭窄症とコーヒーとの関係については、
これまでにあまりデータがありませんでした。

今回の研究は国民総背番号制を取るスウェーデンのもので、
71178名の一般住民のデータを解析し、
コーヒーの摂取量と大動脈弁狭窄症の発症リスクとの関連を検証しています。

その結果、
平均の観察期間15.2年の間に、
1295名の対象者が大動脈弁狭窄症と新規に診断されています。
年齢、性別、喫煙歴などの要素を補正した上で、
コーヒーの飲用習慣と大動脈弁狭窄症の発症リスクとの関連を見たところ、
1日のコーヒーの摂取量が0.5杯未満の場合と比較して、
コーヒーの摂取量が6杯以上では、
1.65倍(95%CI; 1.10 から2.48)有意にリスクが増加していました。
コーヒーの摂取量が多いほどそのリスクは高い傾向を示していましたが、
明確に有意な差があるのは、
1日6杯以上という最も多い群でのみでした。

これまでの結果を総合して考えると、
1日3から4杯くらいまでのコーヒーの摂取は、
大動脈弁狭窄症の明確なリスクではなさそうですが、
1日6杯を超えるようなレベルになると、
場合によりそのリスクが増加する傾向が否定出来ないと、
そう考えた方が良いようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(2) 
前の5件 | -
メッセージを送る