So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

妊娠中のヨード代謝とサイログロブリンの測定値との関係 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
妊娠中のサイログロブリンの測定.jpg
今年のThyroid誌に掲載された、
妊娠中のヨードの欠乏を推測する目的で、
血液のサイログロブリンを測定して検証した論文です。

無機ヨードは海草などに多く含まれるミネラルで、
甲状腺ホルモンの材料となることで知られています。

妊娠中は胎児の甲状腺が作られるため、
妊娠中のヨードの欠乏は、
赤ちゃんの甲状腺機能低下症の原因となることが想定されます。

日本ではヨードの摂取量は非常に多く、
土壌にもヨードが多く含まれているため、
余程の偏食などがなければ、
ヨード欠乏は少ないと考えられています。

ただ、ヨーロッパの特に内陸部などにはヨード欠乏地域があり、
ヨード欠乏への対応は公衆衛生上の大きな問題となっています。

それでは、
妊娠中のヨード欠乏をどのように判定すれば良いのでしょうか?

ヨード欠乏が疑われる場合には、
尿のヨード濃度を測定することが可能です。

これを1日量で換算した時、
150μg より少なければ、
ヨード欠乏の存在が疑われます。

ただ、これは採取前1日から2日くらいのヨードの摂取量を、
ほぼ推定するという数値なので、
それが即身体のヨードの欠乏と、
同じ意味を持つという訳ではありません。

ヨード欠乏が続けば、
甲状腺機能は低下しますから、
妊娠中の甲状腺機能を測定することは、
広く行われているもう1つの方法です。

ただ、ヨードが欠乏しても、
すぐに甲状腺機能が低下する訳ではありませんから、
もっと鋭敏な検査がないのか、
ということが問題となるのです。

今回のイギリスの臨床研究では、
甲状腺の細胞由来の蛋白質である、
サイログロブリンの血液濃度を、
妊娠中のヨード代謝の指標として、
利用する試みを検証しています。

サイログロブリンは甲状腺以外からは産生されず、
甲状腺がTSHなどで刺激されたり、
甲状腺が腫大した状態で増加します。
このため、一種の腫瘍マーカーとしても利用されますし、
ヨード欠乏があると、
甲状腺が刺激されてまずサイログロブリンが増加し、
それから少ししてTSHが増加します。

つまり、甲状腺への刺激に対して、
サイログロブリンはより鋭敏なマーカーなのです。

たとえば、バセドウ病が再発する時なども、
甲状腺機能が明確に亢進する以前に、
サイログロブリンは増加することが知られています。

ただ、サイログロブリンの測定には欠点もあって、
橋本病でサイログロブリンに対する自己抗体が産生されると、
実際よりサイログロブリンは低く測定されてしまうので、
この検査は有効ではありません。

今回の研究ではイギリスにおいて、
妊娠12週の段階で230名の女性を登録し、
12週と20週と35週において、
甲状腺機能とサイログロブリン濃度、尿中ヨードを測定し、
その関連を比較検証しています。

登録された230名のうち9.9%に当たる22名は、
サイログロブリンに対する抗体が陽性のため検証からは除外されています。

妊娠中のサイログロブリン濃度の中央値は、
妊娠12週で21μg/L、20週で19μg/L、35週で23μg/Lと、
妊娠週数で大きな変化はなく、
尿中ヨードが低値の女性は、
そうでない女性と比較してサイログロブリン濃度が有意に増加していました、
ただ、TSHについては有意な増加は認められませんでした。

これはつまり、
妊娠中のヨードの欠乏状態を、
TSHより鋭敏に、
サイログロブリン濃度が示している、
という可能性を示唆しています。

ただ、サイログロブリンの上昇はそれほど大きなものではないので、
どのくらいの水準でヨード欠乏を疑うべきかというのは、
なかなか難しい問題だと思います。
従って、
どちらかと言えば補助的な診断にとどまるものだとは思いますが、
甲状腺への刺激に対して、
サイログロブリンが最も鋭敏な指標であることは、
有用な知識ではあると思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


KARA・MAP「キネマと恋人」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

昨日はバタバタしていて、
ちょっとその余韻の残る朝ですが、
今日は一日のんびり過ごすつもりです。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
キネマと恋人.jpg
世田谷パブリックシアターとKERA・MAPの合同企画として、
ウディ・アレンの名作映画、
「カイロの紫のバラ」を翻案した作品が、
今日までシアタートラムで上演されています。

KARA・MAPは昨年に久しぶりに再開されたユニットで、
ナイロンのメンバーはあまり出演せず、
ケラさんのオリジナルの戯曲と、
海外戯曲の演出作の、
中間くらいの位置づけで、
昨年の「グッドバイ」が非常に高い評価を得ました。

今回はウディ・アレンの名作映画を下敷きにして、
非常に完成度の高い作品に仕上げています。

解説文には「ウディ・アレン」の名前はあるのですが、
翻案とは言いながらも、
それ以外には【台本・演出】はケラさんと書かれているだけで、
全くクレジットはないので、
本当に著作権者に許可を取っているのかしら、
とちょっと疑問に思う感じがあります。

今回の作品はケラさん自身「翻案」と言っているように、
オープニングとラストを含めて、
ほぼ原作映画通りの筋立てなので、
それで名前がないのはどうなのかしら、
と不思議に思うところです。

ただ、内容は非常に素晴らしくて、
特に巻頭の映像と演技が一体化したような効果など、
ちょっと世界を見回しても、
小劇場でこれだけ完成度の高い作品は、
あまり例がないのではないだろうか、
という思いさえ持ちました。

ケラさんのプロジェクションマッピングを見慣れている僕でも、
これは相当ビックリしました。

例によってちょっと上演時間は長過ぎるのです。
2幕構成ですが、
前半と後半がそれぞれ1時間半あって、
間に15分の休憩が入ります。
素晴らしい場面も多いのですが、
「これは要らないよね」と思うようなところも結構あって、
休憩なしで2時間半弱くらいにまとめたら、
もっと空前絶後の大傑作になったのではないかしら、
などと思ってしまうのですが、
これはいつものことでケラさんも確信犯なので、
観客としては納得するしかないような気もします。

以下、少しネタバレを含む感想です。

原作の映画は1930年代のアメリカが舞台で、
ミア・ファロー演じるウェートレスの女性が、
映画の主役に恋をして、
その主役が映画から飛び出して来るのですが、
その主役を映画の中に連れ戻そうと、
主役を演じている俳優が乗り出して来て、
主人公を巡り映像とそれを演じている俳優との、
三角関係になるという物語です。

映画から人が飛び出すという、
手垢に塗れた古めかしいアイデアが、
アレンの喜劇的才気によって見事に娯楽になり、
孤独な女性が、
現実の男性と夢の中の男性のどちらを選ぶのか、
という結構深いテーマに着地します。

主人公は現実の男性を選び、
失意のまま映画のキャラクターは映画の中に戻るのですが、
結局現実の男性は主人公を捨ててしまい、
孤独な境遇に戻った彼女は、
最後に再び映画館で映画を見て、
そこに笑顔を取り戻して終わります。

ほろ苦くて、
思い出すだけでウルウルしてしまうような名場面です。

さて、それをそのまま日本の1930年代にもっていった今回の作品は、
緒川たまきさん演じる主人公の境遇は、
原作とほぼそのままにして、
マルクス兄弟などのコメディが大好きで、
連続ものの娯楽時代劇の、
主役ではなく賑やかしの脇役に、
恋をしてしまうという設定に変えています。

ケラさんのコメディ愛が、
上手く活かされた改変です。

ストーリーはほぼ原作そのままに展開され、
その通りに終わります。
ただ、主人公に妹がいるという設定になっていて、
ともさかりえさんが演じる妹と、
緒川たまきさんが演じる姉が、
人生の対話をすることによって、
物語に一層の膨らみを持たせています。

これは悪い改変ではないのですが、
もう1つの脇筋が生まれることによって、
上演時間が長大になるという欠点もあったように思います。

今回の作品の魅力はまず、
ケラさんの奥さんで主役を演じた緒川たまきさんの、
コミカルで切ない見事な演技で、
彼女の芝居だけで充分に元はとったという気分になります。
方言の活用がまたうまく決まっていました。
セリフのリズムがとても心地良いのです。

相手役で映画俳優と映画の登場人物の2役を演じた、
妻夫木聡さんも、
なかなかの熱演で良かったです。

次に素晴らしかったのが演出で、
まずメインとなる戦前の娯楽時代劇を、
それらしくしっかりと映像化しているのが贅沢で、
しかも場面によっては映像を使わずに、
白いゴム紐を四角く広げてスクリーンに見立て、
そこで実際の役者が同じ演技をする場面なども組み合わせて、
多角的に描いているのが素敵です。

プロジェクションマッピングは以前からケラさんの舞台の十八番ですが、
今回は舞台のあちこちに置かれた壁に、
それぞれ違った映像が投影され、
その壁が移動しても映像は壁から離れないなど、
新鮮な工夫も盛りだくさんで、
非常に高度で完成度の高い技巧が駆使されていました。
最初に大きなスクリーンが舞台を覆っているのですが、
そこに映画が映し出された後で、
イリュージョンのように客席の後方にスクリーンが引き込まれたり、
最新技術を用いての妻夫木さんの2役早変わりなど、
映像以外にも、
随所に意外性のある仕掛けが盛り込まれています。
何と言うか、とても贅沢です。

小野寺修二さんの、
かつての天井桟敷の品質の悪いコピーのような振付は、
好みではないのですが、
それと長過ぎること以外は、
あまり文句のつけようのない傑作で、
もう東京公演は終わりになりますが、
是非にとお勧めしたい逸品で、
ケラさんの1つの傾向の到達点であるように思います。

面白かったです!

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


第15回健康教室のお知らせ [告知]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。
土曜日ですが、外来は1日石原が担当します。

それでは今日の話題です。

今日は告知です。
それがこちら。
第15回健康教室.jpg
毎月1回第3土曜日の午前中に、
地味に静かに継続中の健康教室ですが、
今月も12月17日の午前10時から、
クリニック2階の健康スクエアにて開催予定です。

今回のテーマは副腎とステロイドの病気で、
ちょっとマニアックな分野ですが、
なるべく分かりやすく、
かつ最新の知見を元にしてお話をしたいと思っています。

副腎腫瘍や先天的な副腎の異常、
副腎疲労と称するものの実態、
ステロイドの不足時の治療など、
どの程度までお話出来るか分かりませんが、
今案を練っているところです。
薬としてのステロイドについては、
また別個に話題にしたいと思っています。

参加は無料です。
参加ご希望の方は、
前々日(15日)の午後6時までに、
メールか電話でお申し込み下さい。

皆さんのご参加をお待ちしています。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


ネズミのアレルゲンと小児喘息との関連について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
ネズミのアレルゲン吸入と喘息.jpg
今月のJAMA Peditrics誌にウェブ掲載された、
小児喘息の経過に与える、
学校の環境中のアレルゲンとの関連についての論文です。

喘息は体質と環境が原因という言い方をされますが、
日頃生活している環境中に存在していて、
吸入している物質が、
抗原として喘息の経過に影響することが知られています。

小学生くらいのお子さんの場合、
家庭と学校が一番長く生活していて、
環境面での影響の大きな場所であることは間違いがありません。

家庭のダニや動物などの吸入系のアレルゲンの量が、
喘息の経過に影響を与えるという論文は、
これまでに幾つか出ていますが、
学校の環境中のアレルゲンの影響については、
あまり報告がありませんでした。

そこで今回の研究では、
アメリカの都市部の複数の小学校(elementary school)に通う、
4歳から13歳の小児喘息のお子さん、
トータル284名を学年が始まる前に登録し、
家庭と学校で埃のサンプルを採取してその成分を分析、
その後1年間の喘息の状態との関係を検証しています。

その結果、家庭よりも学校において、
ネズミ(マウス)のアレルゲンが高濃度で検出され、
学校でのネズミのアレルゲン濃度が高いほど、
喘息発作のリスクは増加し、
呼吸機能の1秒量という数値も低下することが確認されました。

犬や猫、ゴキブリのアレルゲンでは、
同様の関連は認められませんでした。

ネズミのアレルゲンのみにこうした関連があった、
ということの意味はなんとも言えませんが、
学校の環境が喘息の経過に影響を与えるという指摘は、
日本でも充分考慮する必要があると思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


薬剤による高プロラクチン血症と乳癌リスクについて [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
リスペリドンの乳がんリスク.jpg
今年のSchizophrenia Research誌に掲載された、
広く使用されている抗精神病薬の、
乳癌リスクについての論文です。

リスペリドン(商品名リスパダールなど)は、
非定型抗精神病薬というタイプの薬で、
そもそもは統合失調症の治療薬ですが、
難治性のうつ病や双極性障害、
認知症の問題行動などの治療にも広く使用されています。

この薬はそれ以前の抗精神病薬と比較すると、
副作用の少ない薬として知られていますが、
脳のドーパミンを抑えるメカニズムを持つため、
乳汁分泌ホルモンであるプロラクチンが増加します。

非定型精神病薬と呼ばれる薬の中では、
比較的プロラクチンの上昇作用が強いのがリスペリドンです。

プロラクチンは乳汁分泌を促すホルモンなので、
一定レベル以上上昇すると女性では生理が止まり、
乳腺が刺激されて増殖します。
授乳期ではないのにお乳が張って、
少量の乳汁の分泌が見られることもあります。
男性では性欲減退などが起こります。

プロラクチンが上昇した時の問題として、
乳癌のリスクが増加するのではないか、
という危惧があります。

プロラクチンの上昇により、
どの程度乳癌のリスクが増加するのでしょうか?

これはまだ明確な結論の出ていない問題です。

プロラクチンは細胞の増殖を促すホルモンで、
ネズミの実験においては、
明確に乳癌の誘発作用が確認されています。

ただ、人間においては女性ホルモンのエストロゲンの方が、
より乳癌の進行との関連性が明確で、
ネズミとは必ずしも同じではありません。

2013年のCancer Research誌に掲載された、
アメリカの看護師の大規模疫学データを解析した論文によると、
プロラクチンの上昇により、
1.2倍程度の乳癌リスクの増加が認められ、
その影響は主に閉経後に認められました。

要するに基本的には軽微なものなので、
心配をし過ぎる必要はないのですが、
若干のリスク増加はあるので、
念のため頭には置いておいた方がいい、
というレベルのものです。

このデータは薬剤によるプロラクチンの上昇とは無関係のものです。

それでは、
抗精神病薬によるプロラクチンの上昇と乳癌との関連は、
そうではない場合とは別個に考えるべきなのでしょうか?

抗精神病薬の使用により、
高率にプロラクチンは上昇しますが、
その一方で抗精神病薬には、
腫瘍細胞の増殖抑制作用のあることも知られていて、
癌の発症リスクが減少する、
というような報告も複数存在しています。

2006年のBritish Journal of Cancer誌の論文では、
デンマークにおいて、
抗精神病薬を使用している患者さん25000人余を対象として、
その使用と各種の癌とのリスクについて解析していますが、
結論としては大腸癌のリスクは抗精神病薬の使用により、
有意に低下し、
乳癌のリスクについては増加も減少も認められませんでした。

今回の研究は、
国民総背番号制を取るスウェーデンのもので、
リスペリドンを含む抗精神病薬を処方されている女性、
トータル55976名を解析し、
平均の観察期間が2.4から2.8年(薬剤による)において、
抗精神病薬の処方と乳癌リスクとの関連を検証しています。

その結果、
リスペリドンと他の非定型を含む抗精神病薬の間で、
乳癌リスクには有意な差は認められませんでした。

このデータは観察期間が短いので、
これをもってリスペリドンが安全とも言い切れませんが、
抗精神病薬による高プロラクチン血症に関しては、
その数値が高いから即乳癌のリスクを高めるとは、
単純に考えられないと判断するのが妥当なようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


前の5件 | -
メッセージを送る