So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

亜鉛ドロップの風邪治療効果(風邪予防のエビデンス③) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

サーバーのメンテナンスのため、
今日は遅い更新になりました。

それでは今日の話題です。

今日は風邪予防のシリーズの3回目です。
今回は亜鉛製剤の風邪への効果を検証します。

亜鉛は身体に必要不可欠な微量元素で、
貝類などに多く含まれ、
その欠乏は湿疹や口内炎、
味覚障害などの原因となります。
そして、体内において酵素活性など多くの代謝経路において、
必要な物質であると考えられています。

この亜鉛が風邪の治療に効果があると考えられたのは、
まず亜鉛の欠乏により感染症が起こりやすくなる、
という知見によっています。

それから1974年に亜鉛が風邪の原因ウイルスの代表である、
ライノウイルスの増殖(複製)を抑制する、
という基礎実験の知見があり、
それから亜鉛が細胞膜の毒素などによる障害を、
予防する働きがあるという、
これも基礎実験のデータが1983年に発表されています。

こうした知見からは、
風邪の治療として亜鉛を用いることにより、
有効性があるのではないか、
という仮説が導かれます。

そして、その効果を検証するために、
介入試験を含む多くの臨床試験が行われました。

当初使用されたのは点鼻のスプレーで、
これは鼻の粘膜に付着したウイルスの、
増殖を抑える効果が期待されました。
ただ、スプレーの効果は不安定で、
明確な治療効果は殆ど確認されませんでした。

そこで次に用量は様々な亜鉛の飲み薬が、
風邪の治療薬として試みられました。

こちらをご覧下さい。
亜鉛の風邪治療効果.jpg
2000年のJ Nutr.誌に掲載された、
亜鉛を風邪の治療に使用した介入試験と呼ばれる臨床試験を、
まとめて解析したメタ解析の論文です。

10の介入試験が対象となり、
そのうちの2つは点鼻のスプレーなので除外されています。
残りの8つの介入試験の結果をまとめて解析したところ、
風邪症状が1週間を超えて継続するリスクは、
亜鉛の使用により48%低下する傾向を示しましたが、
統計的に有意ではありませんでした。
(95%CI; 0.25から1.2)

このように明確に亜鉛の使用で風邪症状が改善する、
という根拠は現状ではありません。

ただ、論文によっては、
亜鉛ドロップ(亜鉛を1錠に13から23㎎含有)を、
風邪症状出現時に2時間毎に使用したところ、
症状の持続期間が、
1.3から6.9日短縮した、
というような結果も報告はされています。
通常1日の亜鉛の摂取は10㎎もあれば充分ですから、
これはかなり過剰な使用と言うことが出来ます。

また亜鉛ドロップに含まれている、
ソルビトールやマンニトールなどの糖質により、
亜鉛の吸収が阻害されて有効ではない、
というような指摘もあります。

亜鉛はビタミンCとは対照的に、
治療の研究は沢山あっても、
風邪予防の研究はありません。

従って、予防効果は未知数で、
治療効果については一定の有効性は否定は出来ないけれど、
証明されたものとは言えない、
というくらいの理解が妥当なのではないかと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

乳酸菌製剤の風邪予防効果(風邪予防のエビデンス②) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日は風邪予防の根拠を考えるシリーズの2回目でです。

今回はプロバイオティクスの効果を考えます。

最近腸内細菌叢が多くの病気に結び付いている、
という知見があり、
風邪予防についても多くの研究結果が報告されています。

その中にはヨーグルトを使用したようなものもあり、
また個別の乳酸菌を薬のようにして摂取する、
というタイプのものもあります。

その効果の検証として、
現時点で最も信頼性が高いのは、
コクラン・レビューの論文で、
その2015年版がこちらです。
プロバイオティクスの効果.jpg
これはこれまでのプロバイオティクス(その内容は問わない)の、
急性下気道感染症の予防効果についての介入試験の結果をまとめて解析したものです。

急性下気道感染というのは、
こじらせた風邪と言うニュアンスで、
上気道炎から、
気管支炎や肺炎などの状態に移行したものです。
元はウイルス感染であっても、
気道の細菌感染を併発することもあり、
その場合には抗生物質の適応となります。

12の介入試験の3720名のデータを解析した結果として、
偽薬と比較したプロバイオティクスの効果は、
1回以上の急性下気道感染症を来すリスクを、
47%有意に低下させていました。
(95%CI; 0.37から0.76)

また急性下気道感染症の持続期間についても、
1.89日有意に短縮させていて、
抗生物質を使用する頻度も、
35%有意に低下させていました。

ただ、実際の下気道感染症の頻度で見ると、
偽薬との間には有意差はありませんでした。

個別な腸内細菌の知見としては、
まずビフィズス菌(Bifidobacterium)があります。

実験的にはインフルエンザを感染させたネズミにおいて、
ビフィズス菌の1種であるBifidobacterium longumは、
臨床症状を改善させ、死亡リスクを減らし、
下気道の炎症を抑制する効果を示しています。

そのため、多くの食品メーカーがこの乳酸菌を含む商品を開発販売していて、
それにタイアップしたような臨床研究も多く発表されています。
ただ、その多くは実際には企業からお金をもらって行われた、
一種の宣伝研究なので、
その結果については慎重に考える必要があると思います。

日本では食品メーカーのサポートの元に、
こうした研究が盛んに行われていて、
この方面のレビューを見ると、
肯定的な評価の論文の多くは、
日本の研究者によるものです。

Lactobacillus acidophilusはL-92乳酸菌とも言われていますが、
ナチュラルキラー細胞の活性を高めることにより、
インフルエンザ感染をネズミの実験で予防した、
というデータが報告されています。
この乳酸菌は抗アレルギー作用があるとして、
肌荒れ防止などの効果を謳って商品として販売されています。

Lactobacillus brevisという乳酸菌はラブレ菌と呼ばれ、
これもKB-29乳酸菌として販売されていますが、
小学生に継続的に使用したところ、
インフルエンザの感染が予防されたという、
これも日本発のデータが報告されています。

その一方で乳酸菌の高齢者予防効果を検証して、
無効であるという結果も発表されています。
こちらです。
シロタ株の高齢者風邪予防効果.jpg
2012年のAm J Clin Nutr誌に掲載された論文ですが、
偽薬を使用した二重盲検法という非常に厳密な方法で、
乳酸菌のシロタ株、つまりヤクルト菌の、
施設入所の高齢者における気道感染予防効果を見たもので、
乳酸菌を使用しても、
感染症の予防には効果はなかった、という結果になっています。

乳酸菌とインフルエンザワクチンとの関連は興味深く、
ワクチンが未接種である方が、
乳酸菌の感染予防効果が高かった、
という報告がある一方で、
ワクチンによる免疫反応や効果を増強した、
というような報告もあります。

このように、乳酸菌製剤には、
それを継続的に使用することにより、
一定の風邪予防効果がありそうなのですが、
その効果は成人よりむしろ小児で高いものの可能性が高く、
どの乳酸菌がより有益であるか、
というような点については比較したような試験は殆どなく、
風邪になってからの予後改善については、
あまり効果は望めないと考えた方が良いようです。

今日は乳酸菌製剤の風邪予防効果を考えました。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


ドント・ブリーズ [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
ドント/ブリーズ.jpg
昨年のアメリカホラー映画、
「ドント・ブリーズ」を観て来ました。

この作品は「死霊のはらわた」で有名なサム・ライミが制作を務め、
リメイク版の「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が、
監督を務めた作品で、
サム・ライミ印のホラー映画と言って良いと思います。

内容はトビー・フーパーの傑作ホラー
「悪魔のいけにえ」に良く似ていて、
頭のいかれた殺人鬼オヤジに、
3人の若者がさんざん酷い目に遭う話です。

血まみれの女性が家の外に出ると、
朝になっているところなど、
そっくりの場面もあり、
かなり意識して作られた作品であることが分かります。

黒沢清監督の「クリーピー」も、
「悪魔のいけにえ」を意識した作品でしたが、
その青を基調とした画面の色合いや、
秘密の地下室のヴィジュアルなど、
かなりこの作品とも似た部分がありました。

ただ、「クリーピー」は単純なホラーではありませんが、
この作品はそれ以外の要素は微塵もない、
純粋なホラーであり、サスペンス・スリラーで、
上映時間も88分と心地良い短さです。

3人のおバカな若者が、
1人の父親が警備会社を経営しているところから、
警備している家の合鍵を頂いて、
それで家に侵入して泥棒を働く、
という身もふたもないような悪事に手を染めています。

色々あって、最後の仕事にしょうとして選んだのが、
ある盲目の退役軍人が1人暮らしをしている家で、
相手は盲目なので楽勝と思って、
家にいるのを知りながら深夜に忍び込むと、
実はその盲人こそ、
頭のいかれた怪物オヤジだった、
ということが分かり、
閉じ込められた3人と、
殺人オヤジとの闘いが始まる、
という物語です。

家は広くはない寂れた一軒家で、
登場人物も4人だけ、時間は夜中で画面も暗いだけ、
ということになると、
幾ら上映時間は短いとは言っても、
それだけで観客を怖がらせるのは、
そう簡単ではないように思います。

ところが、
それが意外に面白くてスリリングで、
時々はドキリともしますし、
物語にも結構変化がついているのですから、
ライミ印はなかなか侮れません。

怪物の方が盲目、という趣向が、
意外にも上手く作用していて、
気が付かれないように、
同じ部屋で息をひそめる場面などがスリリングです。
観客が固唾を飲んで見守る、
というような瞬間が何度もあって、
劇場が全くの静寂になる、
というのが効果としても斬新でした。

物語もかなり練り上げられていて、
細部にも工夫があります。
醜悪の極みのような場面もありますし、
意外な展開もあり、
完全に明かりが消えると暗視カメラのような画像になったり、
外に出た瞬間の朝日の高揚感など、
色彩も工夫をされています。

何も超自然的なことなどは出さずに、
ただの一軒家の追いかけっこでこれだけ盛り上げるのですから、
凡手ではないと思いました。

そんな訳でこうしたB級映画が僕は大好きなので、
地味なホラーをシネスコの大スクリーンで観られて、
幸せを感じました。

趣味は良くないので、
お上品な方にはお勧めは出来ませんが、
意外に拾い物で楽しい鑑賞になりました。

悪くないですよ。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
ファンタスティック・ビースト.jpg
ハリー・ポッターの新シリーズが、
原作者のローリングが制作にも関わり、
台本も担当するという新しい形で始まりました。

その第1作がこの作品で、
ハリー・ポッターシリーズより2世代くらい前、
1920年代のニューヨークが舞台となっています。
それが数作で元のハリー・ポッターの前日談に移行するという、
スター・ウォーズのような仕掛けになることが想定されます。

禁酒法の時代には魔術も迫害をされていた、
という趣向になっていて、
そこにエディ・レッドメイン演じる、
魔法動物研究家の青年が現れます。

僕はハリー・ポッターシリーズは、
原作は3作目までは読み、
映画も映画館で観たのは2作目までなので、
あまりシリーズのファンという訳ではありません。

でも、この作品はとても楽しめました。

1920年代のニューヨークがそれらしく綺麗に描かれていて、
そこでの魔法合戦というのは、
現代を舞台にするより遥かにしっくりと来る感じです。

ストーリーラインは、
ああいつものこの感じなのね、
というようなものですが、
それでも期待は決して裏切ってはおらず、
133分がたっぷり贅沢に楽しめます。

特にオープニングで、
魔法新聞の見出しをダダッと並べて、
時代背景を語り、
そこから主要人物を、
あっと言う間に巧みに紹介しながら本編になだれ込む、
という冒頭が鮮やかです。
路上から銀行、魔法省と目まぐるしく舞台は変わり、
それぞれのビジュアルが非常に丹念で綺麗です。
この辺りの語り口には非常に感心しました。

本題に入ると、
今度は沢山の魔法動物が登場するのですが、
博物学の教科書の細密画のように、
次々と登場する架空の動物達が、
とても楽しくかつ見事なまでに美しく、
想像していたより、
沢山の種類が登場するのも贅沢に感じます。

そしてラストには「禁断の惑星」のイドの怪物、
みたいなものが登場するのですが、
そのビジュアルもあまり従来にないような、
工夫が凝らされていました。

エディ・レッドメインはもちろんのこと、
魔法省の大物を演じたコリン・ファレルが、
如何にもの曲者ぶりで良いですし、
意外に泣ける大人の恋を演じた、
ダン・フォグラーも良い味を出していました。

シリーズで時代が過去に戻るのは、
スター・ウォーズのようですが、
あちらより遥かに堅牢な世界観を持っていて、
「ローグ・ワン」というような珍品よりも、
個人的には遥かに和み楽しめましたし、
ハリウッド映画にありがちな、
政治的な裏のある嫌らしい感じなどが、
あまりないことも好印象でした。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


ビタミンCの風邪予防効果(風邪予防のエビデンス①) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
風邪の予防のエビデンス.jpg
今年のJournal of Evidence-Based Complementary & Alternative Medicine誌に掲載された、
風邪の予防に使用されるサプリメントなどの効果を、
まとめて解析した総説の論文です。

やや代替医療やサプリメントに傾斜した内容なのですが、
文献の引用やまとめなどは、
しっかりされていると思います。

ここから、
数回に分けて風邪予防のエビデンスを考えます。

今日はよく議論になるビタミンCについての風邪予防効果です。

ビタミンCが風邪予防に効果的だというのは、
理論物理学者で分子生物学者のノーベル賞受賞者ポーリング博士が、
1970年代に広めたものです。
その代表的な文献の1つがこちらです。
ポーリング博士のビタミンC.jpg
1971年のProc. Nat. Acad. Sci. USA誌の論文ですが、
それまでの4つの偽薬を使用した介入試験の結果をまとめ、
ビタミンCが風邪に無効という命題が、
統計的に否定されるという手法で、
その効果を証明したものです。

ビタミンCの効果については、
1日1000㎎の継続的な使用により、
風邪の発症は45%予防され、
その罹患率は63%低下したとされています。

この時点での科学的な検証としては、
これは決しておかしなものではないのですが、
引用されている介入試験は、
プロのスキーヤーを対象としたもの以外は、
例数も少なく、
内容も不充分であったことは確かです。

その後多くの介入試験がより大規模に行われました。

それをまとめて検証したのがコクランレビューで、
2013年にアップデートされたものがよく引用されています。

それによると、
1日200㎎以上のビタミンCを継続的に使用することにより、
偽薬と比較して、
風邪の罹患率は3%低下する傾向を示しました。
(95%CI; 0.94から1.00)
これは要するにほぼ効果はないという結果です。
ただ、マラソンランナーやスキーヤーなどを対象としたデータに限ると、
風邪の罹患率は52%有意に低下していました。
(95%Ci; 0.35から0.64)
つまり、こうした対象群にはかなりの有効性がある、
ということが分かります。

またビタミンCの常時摂取により、
風邪の症状の持続期間は成人では8%短縮し
(95%CI;0.88から0.97)、
小児では14%有意に短縮しています。
(95%CI;0.79から0.93)
特に小児で1日1000㎎から2000㎎という大量を摂取したケースでは、
その持続期間は18%の短縮を認め、
重症度も低下しています。
(95%Ci; 0.70から0.93)

ただ、風邪になってからの治療目的での使用については、
はっきり有効という結果になってはいません。
中には1日4000㎎の使用と比較して、
8000㎎の使用で風邪の期間と重症度が有意に短縮した、
というような報告もあるのですが、
量も大量でかなり特殊な結果です。

ただ、短期効果を期待するには、
かなり大量を使用しないと意味がない、
ということはあるのかも知れません。

ではこちらをご覧下さい。
風邪予防の指針.jpg
最初の文献に引用されている、
2011年の風邪予防のレビューです。

これは2011年のコクランレビューを主なネタ元にしているのですが、
基本的には2013年のものと違いはありません。
若干数字が変わっていますが、
結論は同じです。

子供の風邪罹病期間短縮効果は、
平均の風邪症状が7から10日持続するとすると、
それを1.5から2日短縮する効果があるとしています。

仮にビタミンCに風邪予防効果があるとして、
そのメカニズムはどうなのか、
ということになりますが、
これまでの知見で言われていることは、
ビタミンCの持つ抗酸化作用が、
免疫の活性化に繋がっているのではないか、
と言う点と、
好中球や単球といった白血球の、
機能を高めるのではないか、
と言う点が報告はされています。

以上をまとめると、
ビタミンCによる風邪の予防効果とされるものは、
少なくとも最初にポーリング博士が言われていたほどには、
効果のないことは確かですが、
かと言って、
一部の方が声高に言われているように、
「全く役に立たない」
というのも言い過ぎという気がします。

治療効果としては、
あまり有効でないことは間違いがありませんが、
継続的にビタミンCを摂ることにより、
風邪に少しかかりにくくなり、
かかっても軽く済む、
という点には一定の期待が持てます。
この場合の使用量は、
200㎎以下では意味がなく、
概ね1000㎎の摂取が妥当と考えられます。

安全に使用が継続出来るビタミンCの量がどのくらいかというのは、
これも明確な結論が出ていませんが、
確実に悪いとされるのは10000㎎以上ですから、
かなりの安全域があることは事実です。
ただ、なりやすい体質の人は尿路結石になったり、
下痢をしたりすることはありますから、
このくらいが妥当ではないかと思います。

その使用効果は特に小児と、
カナダのウインタースポーツをされている方で、
高いという報告があるのですが、
それが明確に意味のあることかどうかは、
何とも言えません。
スポーツや軍隊など、
心身のストレスに強くさらされている状況では、
より抗酸化物質の必要性が高まる、
という推測は可能ですが、
それが証明されている訳ではありません。

毎日の摂取にメリットがあるかどうかも微妙ですが、
寒い時期で風邪を引きたくないと思われる方は、
そうした時期のみビタミンCを継続することは、
悪くない判断のように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
前の5件 | -
メッセージを送る